15年ぶりの集結を果たし、全国アリーナ&ホールツアー他全42公演を行い36万人超を動員した2016年。10月には通算25枚目のシングル『砂の塔』(TBS系 金曜ドラマ「砂の塔〜知りすぎた隣人」主題歌)をリリースし15万枚を超えるロングセールスを記録した。大晦日には「NHK紅白歌合戦」に初出場して、激動の1年を締めくくったTHE YELLOW MONKEY。

ツアー開始早々のMCで、吉井和哉(Vo.)の「THE YELLOW MONKEYは生涯解散しません!!」宣言があり、デビュー25周年となる2017年の活動に大きな期待が寄せられる。2017年は松永大司監督による約600時間に及ぶ映像素材をもとにTHE YELLOW MONKEYの2016年に迫るドキュメンタリー映画の秋公開が待たれる中、今年第一弾として、年内の活動を予感させるティザー映像が公開された。

このティザーは、レコーディングスタジオでのメンバーの最新映像を中心に構成されており、同時に聴こえてくる新曲『ロザーナ』からも昨年から続くバンドの勢いが感じられる。なお、この新曲はTHE YELLOW MONKEY OFFICIAL FCサイト内コンテンツ「TYMS MUSIC」にて本日よりいち早く聴くことができる。そして歌詞は、歌ネットにて本日正午に公開される。

また、デビュー25周年記念企画として、解散後の2013年にファンの投票によって選曲されたアルバム『イエモン -FAN’S BEST SELECTION-』のアンサーアルバムとして、同じ楽曲16曲全てを新たにレコーディングして、『THE YELLOW MONKEY IS HERE. NEW BEST』と題してメジャーデビュー記念日に当たる5月21日にリリースする。商品形態はCDとアナログ盤に加え、FC限定盤が用意されている。

そして、昨年12月28日に日本武道館で行われた「THE YELLOW MONKEY SUPER メカラ ウロコ・27」の終演後に開催のみ発表された2017年の東京ドーム公演の詳細が明らかになった。2001年1月8日の活動休止前の最後のライブとなった東京ドーム公演から約17年後の2017年12月9日、10日の2日間にわたり、再集結後の25周年イヤーにさらにパワーアップしたTHE YELLOW MONKEYのステージを観ることができそうである。本日正午より、ファンクラブ会員の先行予約がスタートするので、是非チェックしてみてはいかがだろうか。