2017年3月14日、タグ・ホイヤーは、第2弾となるスマートウオッチを発表しました。ブランドが得意とする技術を製品名に加えた新作「タグ・ホイヤー コネクテッド モジュラー45」は、その名の通り外装の幅広い組み合わせを実現しています。価格は、18万9000円から。3月15日から全世界一斉発売中です。

 

 

インテル、グーグルお墨付きのスイス製スマートウオッチ第2弾

↑タグ・ホイヤー「タグ・ホイヤー コネクテッド モジュラー45」18万9000円〜

2015年にスイスで開かれたバーゼルワールドにて、タグ・ホイヤーはインテル・グーグルと共同でスマートウオッチを開発すると宣言。そして、翌年には全世界で初のスマートウオッチ「タグ・ホイヤー コネクテッド」を展開(日本では2015年末に先行販売)し、大いに話題を呼びました。

 

第2弾となる「タグ・ホイヤー コネクテッド モジュラー45」も、インテル、グーグルとの共同開発によって誕生。記者発表に登壇したインテルとグーグルの代表者は以下のように言っています。

 

「すばらしいパートナーと一緒に、スマートなコネクテッド・デバイスのネクストウェーブを作り出すことは、Intel のコア戦略の一つとなっています。私たちは、タグ・ホイヤーと強力なコラボレーションを継続することができたことを大変うれしく思っております。革新的なデザインとテクノロジーを採用した タグ・ホイヤー コネクテッド モジュラー 45は、高級スマートウォッチの限界を乗り越えるものとなります」 -インテルの新技術グループ ゼネラルマネジャー兼上級副社長ジョシュ・ウォールデン

 

「第 1 世代のタグ・ホイヤー コネクテッドは、伝統的な時計製造技術と最先端技術を組み合わせたことで可能となる境界を押し広げました。私たちは再びタグ・ホイヤーと協力し、タグ・ホイヤーのクラフトマンシップと Android Wear のプラットフォームのたえまない革新を示す、新しいパワフルなコネクテッド ウォッチを作ることができ、興奮しています」- GoogleAndroidエンジニアリング担当副社長デヴィッド・シングルトン

 

複合ケースの利点を最大限に生かしたスイスメイドのスマートウオッチ

実際の製品について見ていきましょう。

 

タグ・ホイヤー コネクテッド モジュラー45は、防水性が50m防水に引き上げられたほか、GPSアンテナとNFCセンサーを新たに搭載。画面は高解像度なAMOLED(有機ELの一種)となりました。

 

この辺りの進化は、最新スマートウオッチの時流に乗った形。タグ・ホイヤー コネクテッド モジュラー45の本当の実力はここからです。

 

 

外装は、モジュール(=交換可能なパーツで構成されたユニット)式を採用。ケース(時計モジュール)は、サテンまたはポリッシュ仕上げのグレード5のチタン製、18K 5N ピンクゴールドプレート、ブラックセラミックといった素材から、ダイヤモンドセッティングの有無まで選択可能。

 

ストラップもラバー、天然皮革、レザー、チタン、セラミックなど、18種類の中から選べます。

 

もちろん画面のカスタマイズも自由自在です。Android Wearでできることに加え、タグ・ホイヤーが独自に開発した新しいアプリ Companionでも30種類の時計の文字盤を用意。ホワイト、ブラック、ライトグレー、ネイビーブルーなどの色を変更できるほか、ヒストリカルピースにインスピレーションを得たものも含まれており、名門の歴史をいつでも楽しめます。

↑長年のファンの間で人気の「ホイヤー」ロゴを採用した白黒ダイアル(通称パンダ文字盤)も設定できる

 

さらに、スイス製の機械式ムーブメント モジュールを追加購入すれば、スマートウオッチから機械式時計への変更も可能。3針のキャリバー 5搭載モジュールや、昨年話題となったトゥールビヨンとして使うこともできるのです。

 

ちなみに、トゥールビヨンモジュールはセット販売の価格も発表されており、コネクテッド ウオッチ(チタンケース&ブラウンレザーストラップ)に加え、ホイヤー 02T トゥールビヨン機械式モジュール、および追加のブラックラバーストラップと、3段の引き出し付き展示ボックスに、時計と充電器を置くための卓上ディスプレイスタンドまで付属して、価格は、198万1800円とのこと。

 

↑左/キャリバー5 右/ホイヤー02T トゥールビヨン

OSは最新のAndroid Wear 2.0。独自アプリも新開発

タグ・ホイヤー コネクテッド モジュラー45は、インテルAtom™プロセッサZ34XXシリーズで駆動し、最新OSとなるAndroid Wear 2.0で動作。前作同様マイクを内蔵しているので、OK Googleも使えます。

 

ストレージは4GBで、Wi-Fiに接続していればスマートフォンなしでもクラウドと繋げられ、iOSでも時計にアプリを直接ダウンロードすることができます。

 

マザーボードはスイス製で、最終組み立てとテストはスイスのラ・ショー・ド・フォンにあるタグ・ホイヤーの自社ワークショップで実施。時計に銘打たれた「スイスメイド」と2年保証が、製品に対する自信を表しています。

↑タグ・ホイヤーのコネクテッドウオッチ専門ワークショップ

↑高級時計と同じく技術者の手作業によって製品は完成する

時計界の中でもアバンギャルドな製品を作り出すことにおいては、これまでもタグ・ホイヤーの右に出るブランドはありませんでした。

 

シリコンバレーと最も密接に関わるスイスの高級時計ブランドが自社150年の歴史をかけて挑む、高級スマートウオッチの市場開拓。技術的に横並びで停滞ムードの漂うスマートウオッチ市場も、タグ・ホイヤー コネクテッド モジュラー45の登場によって再び活性化しそうです。