ナムグン・ミン主演ドラマ「キム課長」視聴率17.1%で水木ドラマの1位をキープ!

写真拡大

「キム課長」さすが水木ドラマの強者だ。

17日、視聴率調査会社ニールセン・コリアによると韓国で16日に放送されたKBS 2TV水木ドラマ「キム課長」は視聴率17.1%を記録した。

同時間帯に放送されたSBS「師任堂(サイムダン)、色の日記」は10.2%を、MBC「自己発光オフィス」は3.9%を記録し、「キム課長」が同時間帯1位を手に入れた。

「キム課長」は、キム・ソンリョン(ナムグン・ミン) がTQグループに入社したことで繰り広げられる物語を盛り込んだドラマだ。ナムグン・ミンの図々しい演技と社会の不条理を批判するスカッとするような題材で、視聴者から大きく愛されている。