(写真左から)ダチョウ倶楽部の寺門ジモンさん、上島竜兵さん、肥後克広さん

写真拡大

ブロック玩具のレゴジャパンは2017年3月16日、JR品川駅の中央改札内イベントスペースで「レゴブロックでドロボウをつかまえよう!PRイベント」を開催した。お笑いトリオのダチョウ倶楽部がゲストに招かれ、レゴの人気シリーズ「レゴシティ」のユニークな世界観を伝えるミニステージが行われた。

17年のレゴシティはハプニング満載

対象年齢や難易度、世界観に応じて、レゴブロックは細かなシリーズに分かれる。街のヒーローがテーマの「レゴシティ」は、ポリス(警察官)や消防士、電車の運転手、レーサーが活躍する、とくに人気の高いシリーズだ。

17年のレゴシティは「またまた事件だ! レゴシティ」を年間キャンペーンのテーマに掲げ、イベントやテレビCM、YouTubeでストーリー展開していく。東京・品川のイベントは、3月16日にキャンペーン第1弾がスタートしたことをPRすべく開かれた。

第1弾のストーリーは「レゴシティのポリスステーションからドロボウが逃げた!」。ユーモアな世界観を来場した子どもたちに伝えるべく、ダチョウ倶楽部のメンバー3人がレゴのキャラクターになりきった。ドロボウ面の上島竜兵さんが警察官役の肥後克広さんと寺門ジモンさんに取り押さえられたり、上島さんが「ポリス着ぐるみ」と仲直りのキスをしたり、結局手錠をかけられたり――。スピード感あふれる展開に、通りすがりの観覧者は大いにわいた。

スペシャルムービー第1弾はYouTubeで公開中

品川駅のイベントは3月18日まで。会場にはレゴブロックで作られた横約5×縦約2(m)の巨大なモザイク壁画が設置されていて、モザイク壁画にはドロボウが逃げてしまった後の牢屋(ろうや)が描かれている。子どもの手でレゴブロックを壁にはめ、ドロボウの絵を完成させるという仕掛けだ。このほかレゴシティの組み立て体験や、レゴバイク実車体験、記念撮影コーナーなどのコーナーが用意されている。

このイベントは以下の会場でも開催予定だ。

4月1日〜2日「二子玉川ライズ ガレリア」(東京都世田谷区)4月15日〜16日「ヨドバシカメラマルチメディア Akiba」(東京都千代田区)4月29日〜30日「阪神三番街 北館B2F 催し広場」(大阪市北区)5月4日〜5日「ららぽーと TOKYO-BAY」(千葉県船橋市)5月27日〜28日「ららぽーと EXPOCITY」(大阪府吹田市)

さらに3月16日から、YouTubeの「レゴ」チャンネルでスペシャルムービーが公開された。次々起きる事件に立ち向かうポリスが活躍する迫力満点のミニストーリーとなっていて、レゴブロックを使った遊び方も紹介する。レゴシティが今回初めて製作した、セリフ入りの本格アニメ。世代や性別を問わず必見だ。