フロントの恐竜ロボット

写真拡大

旅行サービス大手のエイチ・アイ・エス(H.I.S.)グループは2017年3月15日、千葉県浦安市の東京ディズニーリゾート近くに「変なホテル舞浜 東京ベイ」を開業した。

「変なホテル」は、ロボットを活用することでワクワクと心地よさを追求した、大昔と未来の両方が体験できる宿泊施設だ。多言語対応の恐竜ロボットがフロントでチェックイン・チェックアウトの手続きを行い、コミュニケーションロボット「Tapia」が利用者の滞在をサポートする。

じゃんけん遊びもできるコンシェルジュロボットが各客室に

フロントで滞在客を出迎えるのは、日本語・英語・中国語(簡体)・韓国語の5か国語が理解できる2体の恐竜ロボットだ。時折喉を唸らせ、くしゃみもするなど愛嬌たっぷり。ロボットからのアナウンスに従い音声認識またはタッチパネルでチェックインを進めると、客のルームキーが自動で用意される。チェックアウトにも対応。

恐竜による演出はこれだけではない。1/1スケールのティラノザウルスの模型がロビーで存在感を放つ。いまにも襲いかかってきそうな迫力に、滞在客は記念撮影をせずにいられない。このほか魚ロボットやミニ恐竜ロボットも点在。ホテルを訪れた客は、恐竜が生息していた時代にタイムスリップした気分になれることだろう。

各客室で滞在客のサポートを行うのはコミュニケーションロボットTapia。AI(人工知能)を搭載するTapiaはコンセルジュのような役割を果たす。宿泊者の顔と名前を認識し、接し方によって応答が変化する。人の手の形を識別する機能を有しており、じゃんけん遊びの相手もしてくれる。このほか室内の照明、エアコン、テレビのオン・オフにも対応。Tapiaと触れ合うことで、子どもだけでなく大人も童心に返った気分になれるかも!?

客室は「スタンダードツイン」(18.5平米)、「スタンダードトリプル」(23.5〜24.5平米)、「コーナーツイン」(26平米)の3タイプ。バス・トイレが別で、浴槽と洗い場が用意されている。東洋紡製のマットレスは体圧分散性・通気性に優れ、抜群の寝心地を実現する。詳細は公式サイトまで。