藤原竜也、“殺しの独自ルール”がクズすぎる!

写真拡大

藤原竜也と伊藤英明が初共演を果たした映画『22年目の告白−私が殺人犯です−』(6月10日公開)の本ポスタービジュアルが解禁。“絶対に捕まえられない最悪の殺人犯”役の藤原が不敵な笑みを浮かべる印象的な仕上がりとなっている。

入江悠監督が手がける本作は、1995 年、残忍な手口で5人の命を奪い世の中を震撼させた連続殺人の犯人が、時効を迎えた22 年後、自身の殺人を告白した本の出版記者会見を行うという前代未聞の衝撃的な展開から始まる。「被害者に近しい者を殺人の目撃者にする」残忍な犯行を繰り返した告白本の著者・曾根崎雅人(藤原)は、出版した本「私が殺人犯です」を手に会見や握手会、TV 出演とキャンペーンを展開する。そんな犯人を22 年間追い続けてきた刑事・牧村航(伊藤)の気持ちとは裏腹に、加熱するマスコミ報道、SNS により美しい容姿とともに拡散された曾根崎は日本中から罵声と歓声を浴びながら、一躍時の人になっていく……。

これまでにも多くのクズを演じてきた藤原だが、今回は5人もの人を殺した連続殺人犯・曾根崎を演じる。彼は、殺しにおける独自の美学として“3つのルール”「後ろから縄で締め上げること」「殺害する瞬間を被害者のもっとも親しい人間にみせること」「あえて目撃者を殺さずにメディアに自分の犯行を証言させること」を掲げている。そんな曽根崎が映画の冒頭で出版する告白本「私が殺人犯です」とまったく同じ装丁の小説「22 年目の告白−私が殺人犯です−」が、4月14 日(金)に講談社から発売されることが決定。これまで数々の映画の小説・ノベライズ化をしてきた同社だが、劇中に出てくる本のビジュアルを使った本は非常に珍しい試み。小説は、告白本の女性編集者の目線で描かれるストーリーで、彼女がいかにして曾根崎の告白本を出版するに至ったのか、世論の過熱、そして小説ならではのエンディングが待つ、もう1つの“告白本”となっている。

このほか、本作が「ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭」に出品されることも併せて発表された。