写真提供:マイナビニュース

写真拡大

女優の常盤貴子と松岡茉優が16日、東京・白金台の八芳園で行われたテレビ朝日系主演ドラマ『やすらぎの郷』(4月3日スタート、毎週月〜金曜12:30〜12:50)の制作発表会見に出席。いずれも初参加となる倉本聰作品に、それぞれ期待と不安を語った。

このドラマは、テレ朝が新設する「帯ドラマ劇場」の第1弾で、倉本氏の脚本による"テレビ人専用の老人ホーム"を舞台にした喜劇作品で、会見には、倉本氏や主演の石坂浩二をはじめ、浅丘ルリ子、有馬稲子、加賀まりこ、草刈民代、五月みどり、名高達男、藤竜也、風吹ジュン、ミッキー・カーチス、八千草薫、山本圭といったベテランキャストが勢ぞろい。

老人ホームのコンシェルジュ役を演じる常盤は「(壇上の)幕が上がった瞬間にウルッとしてしまったくらい、ここにいることが幸せでたまらないです」と喜びを爆発させ、「こんなすばらしい先輩方とご一緒できる機会を与えてくださって、今までずっとお仕事頑張ってきて良かったな、すごいご褒美をいただいたと思っています」と、感謝の言葉を語った。

それだけに、常盤は「普段はパート2とかシリーズものとか、とっても嫌いなんですけど、この『やすらぎの郷』は、少しでも長く続いてほしいと思ってるので、パート2、シリーズが続くと良いなと切に願っております」と、倉本氏に背後から直接要望していた。

一方、施設内のバーで働くバーテンダー役の松岡は「足がすくむ思い」と心境を吐露。ベテラン勢を前に「皆さまにかなわないことは目に見えてるのだから、22歳のフレッシュパワーで、若手の中で私がここに居させていただいている意味を考えながら、全力でフレッシュにやりたいなと思いました!」と、緊張で息が詰まりそうになりながら、無事にあいさつを終えた。