【詳細】他の写真はこちら

4月5日に発売される全曲「GET WILD」だけで構成されたTM NETWORKのアルバム『GET WILD SONG MAFIA』の全収録内容が発表された。

先日収録曲が追加され4枚組全36曲となった今作。TM NETWORKがこれまで発表してきたオリジナルの「Get Wild」からTM 30周年ファイナルの「Get Wild 2015(“30th FINAL” Version)」まで、新旧数々のバージョンとSONY、吉本、avexとレーベルの枠を越えTM NETWORKが発表した21トラックが、3枚のCDに振り分けて収録される。

その時代時代を切り取ったアレンジと進化を繰り返している「GET WILD」は、やはりほかになかなか類を見ない楽曲と言えるだろう。

さらに、この曲のカバーおよびリックスバージョンが収録されるDISC4の参加アーティスト、収録内容もすべて解禁された。

89年に発表された ビクター・ファンタスティック・オーケストラにはじまり、イタリア出身ユーロビートアーティスト・Dave Rodgers、「GET WILD」はもちろん数多くのTM楽曲の作詞を手がけた小室みつ子、アニメ「シティーハンタースペシャル」のエンディングテーマを歌ったNAHO、卓越したダンスパフォーマンスと歌唱力の玉置成実、数々の名作アニメの声優も務めている緒方恵美、 実力派のダンスと歌で評価を得ている6人組男性K-POPグループ・超新星、20周年を経て今なおフォロワーが絶えないglobe。

そして、フランス出身のシンガー・Clementine、アグレッシブかつ超絶技巧な鍵盤プレイをみせるH ZETT M、疾走感あるデジロックへとアレンジをみせたPurple Days、今月初めに最新の「GET WILD 2017 TK REMIX」を発表した小室哲哉、TM NETWORKのカバー曲でメジャーデビューした歴史もある石野卓球(電気グルーヴ)、次世代のEDMを牽引し世界中のフェスやクラブでも注目を集めるオランダ人DJデュオ・SICK INDIVIDUALSと、錚々たるアーティストが楽曲を提供している。

これらがひとつに集約され、4枚組36曲で構成される『GET WILD SONG MAFIA』。さらに今回ジャケット写真も公開された。シンプルながら力強いデザインに仕上がっている。

「GET WILD」がこれまで歩んできた歴史と連綿と歌い継がれ、カバー・リミックスされてきた集大成といえる今作をぜひお楽しみに。



リリース情報



2017.04.05 ON SALE

ALBUM『GET WILD SONG MAFIA』

2017.04.12 ON SALE

12inch ANALOG「Get Wild」

※12インチ・アナログレコード(45RPM)

TM NETWORK OFFICIAL WEBSITE

http://avex.jp/tm/