NEWSの手越祐也が15日放送のフジテレビ系『TOKIOカケル』に出演。日頃から「ファンは彼女」と公言している手越は、将来的にファンと結婚に辿りつく可能性を示唆。すると、TOKIO松岡昌宏が「お前は罪作りなことを言ってるよ」とファン心理からツッコミを入れた。

 この日、ゲスト出演した手越は「ビビッと一目惚れして、すぐに落としたい、すぐに欲しいタイプなんです」と語り、自らの恋愛テクニックを紹介した。

 必ず相手に対して「好き」ということを分からせるという手越。「好きですよアピールをするんです」と話を続け、まずはメールなどで挨拶を繰り返すことで相手に意識させていくという。

 男性女性を問わず恋愛相談を受けることが多く、メールの代行をしたこともあるという手越。相談者に対して「必ず言え」と伝えていることがあり、「好きなことを相手に分からせた方が良いから、『付き合わなくて良いけど、好きでいて良いですか?』って」との言葉を相手に投げかけることの大事さを説明。

 今は好きではなくても「気になって仕方がなくなる」という状況からスタートしていくという手越は「何回もデートに誘いますし、ババッと好きになって、ババッと付き合いたいです」との恋愛に対する自身のアプローチ法を明かした。

 そして、手越は「『ファンが彼女』ってよく言ってるんですけど、あながち全然、嘘じゃないというか」とコメント。手越は日頃から「ファンが彼女」と公言しており、「もしかしたら今後、偶然出会って、付き合って、結婚することは全然あり得る」と自身の発言に偽りがないことを説明。

 この話を聞いた松岡昌宏は「お前は罪作りなことを言ってるよ、今」とファンの心理に立ちながら鋭くツッコミを入れた。

 さらに、長瀬智也は「もうチャンパカーナ、チャンパカーナだと」と、NEWSの楽曲『チャンパカーナ』を持ち出した。「チャンパカーナ」は造語で「愛しい人」との意味合いを持ち、この楽曲が由来となりNEWSのファンのことを「パーナ」と呼ぶようになった。手越は「完全にチャンパカーナしてますね」と苦笑いで応じていた。