花粉の季節がやって来ました。花粉症の人にとっては辛いこの時期、マスクが手放せないという人も少なくないでしょう。

ところがマスクといえば、唾液が付着したあとに雑菌が繁殖することで起こる、あのイヤな臭いが気になるもの。特に会話をすることが多い人の場合、どうしても避けようがないのです。

20170312_orangesweet_01.jpg


アロマスターの『アロマスプレー』は、このマスクに付く臭いを抑えるのに役立ってくれる、芳香剤です。

100%天然の植物から精製されたエッセンシャルオイルを、植物エタノールで希釈して作っているので、口や鼻に直接触れるマスクにも使えるとのこと。

私は「オレンジ」を使っていますが、匂いはそのまんまオレンジそのものです。「オレンジ風のフレグランス」を想像していると、あまりにもストレートに柑橘の匂いがすることに驚くかもしれません。

「果実の皮をしぼって抽出したオイル100%」という看板に偽りはないだろうと思わされます。

私は、マスクの内側にスプレーして使っていますが、強い匂いが気になるという人は、外側にスプレーした方がいいかもしれません。

もっとも私の場合、毎日何個もオレンジを食べるレベルの、常軌を逸した柑橘好きだとプロファイリングされかねないということで、毎食後1プッシュにとどめています。

冗談はさておき、職場や車内などでリラックスしたいとき、シュッとひと吹きルームフレグランスとして使ってみるのもオススメできます。


アロマスプレー

(田中宏和)