有機ELテレビで世界的なシェアを持つLGから、薄さ約3.9mmを実現した超薄型有機ELテレビ「OLED W7P」など、3シリーズ4モデルが2017年4月上旬に発売されます。実売予想価格は、OLED W7P(65型)が100万円前後、OLED E7P(65型)が80万円前後、OLED C7Pの65型が70万円前後、55型が50万円前後(いずれも税別)。

↑OLED W7P

 

最上位モデル「OLED W7P」(65型)は、専用のブラケットのみで壁面に直接張り付けるような新感覚のデザイン「Picture-on-Wall(ピクチャー・オン・ウォール)」を採用。壁からパネルの表面までわずか約3.9mmの薄さで一体化し、テレビ画面がまるで宙に浮いているようなデザインを実現しています。

 

↑OLED W7Pを真横から見たところ

 

また、テレビとしては世界で初めて新世代の音響技術「ドルビーアトモス」に対応し、同技術に最適化された「ムービングスピーカー」を採用。これは、専用のコンパニオンボックスに内蔵された2基のハイトスピーカーが、テレビの電源をオンにすると出現し、上方向に音を放出して天井で反射させ、頭上からのサウンドを表現するというもの。これにより、「ドルビーアトモス」の効果がいっそう際立ち、360度で音が移動する未知の感覚を味わうことができます。

 

このOLED W7Pは、世界初披露となった「CES 2017」でも注目を集め、最優秀革新賞(Best of Innovation Award)を受賞しています。

↑CES 2017で展示されたOLED W7P。その薄さが注目の的に

 

このほか、ガラス製バックカバーの上に、一枚の壁紙のような極薄パネルが一体化した「Picture-on-Glass」デザインの「OLED E7P」(65型)や、横から見ると1枚のブレードのような最薄部約4.6mmの「Blade Slim」デザインの「OLED C7P」(65/55型)もラインナップ。

 

2017年モデル共通の特徴として、ピーク輝度を25%向上するとともに、日常的なコンテンツの約9割を占める輝度レベル50%以下のシーンの輝度処理が大幅に改善されています。

 

また、色彩能力を飛躍的に向上させる技術「True Color Accuracy」により、色再現性が前モデルの約6倍に向上。独自技術「Active HDR」を採用し、「ドルビービジョン」や「HDR10」といったHDR規格のほか、「HLG」規格にも対応する予定です。もちろん、全機種で「ドルビーアトモス」に対応しています。

↑OLED E7P

↑OLED C7P

 

今年のCESで話題をさらったLGの革新的な有機ELテレビが早くも一般販売されます。世界が驚いた驚異の薄さを、ぜひ店頭でチェックしてみて下さい。