米ペンシルベニア州ゲティスバーグのマクドナルド店舗(2016年9月10日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】米ファストフード大手マクドナルド(McDonald's)のツイッター(Twitter)アカウントに16日、ドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領を痛烈に批判するコメントが短時間掲載された。同社はハッキング被害に遭ったとして、調査を開始したと発表した。

 問題のツイートは「あなたは不快きわまる最低の大統領だ。バラク・オバマ(Barack Obama)氏に復帰してほしい。あなたは手も小さい」と、トランプ氏を手厳しくこき下ろす内容だった。

 同社の公式アカウントの一つに掲載されたこのツイートは同日午前中には削除されたものの、その前に1000回以上リツイートされ、政界やメディアの注目を集めるとともに、ウイットに富んだ反応を呼んだ。

 同社は後に同じアカウントで、ハッキング被害の通知をツイッターから受けたと説明。「問題のツイートは削除し、アカウントの安全を確保した。現在調査を行っている」と明かした。
【翻訳編集】AFPBB News