北朝鮮国営の朝鮮中央通信は16日、現在進行されている米韓合同軍事演習や米軍と日本の海上自衛隊が共同訓練を行っていることに対して、「米帝とその手先の核脅威・恐喝策動が、エスカレートしている」と非難する記事を配信した。

記事は、「数日前からはわれわれのいわゆる『挑発』に対処するという口実の下で『キー・リゾルブ』『フォール・イーグル』合同軍事演習とは別途に、米帝侵略軍と日本『自衛隊』、南朝鮮かいらい軍のイージス駆逐艦を朝鮮東海に機動、展開させて『北のミサイル迎撃訓練』まで公然と繰り広げている」と指摘。

つづけて、「これは、われわれに対する核先制打撃をなんとしても実行しようとする敵の無謀な軍事的妄動がごく危険な段階に入っているということをありのまま実証している」と主張した。

そのうえで、「度重なる警告にもかかわらず、核戦争挑発策動にヒステリックに執着するほど臨戦状態にあるわれわれの核の霊剣は任意の時刻に懲罰の鉄槌をいっそう無慈悲に下すであろう」と強調した。