満腹感がない「ジューシング」はダイエットに不向き?(depositphotos.com)

写真拡大

 バターコーヒー、チアシード、糖質制限、腸活ダイエット......。「健康になれる」「美しく痩せられる」とされる食事法は、流行のファッションのように次々と目新しいものが登場し、メディアを賑わせる。

 日本のみならず世界で流行するダイエットの多くは、アメリカが発信地だ。特に、女優やモデルといったヘルスコンシャスな人々が多く在住する、西海岸の影響が強い。

 いつも理想的なスタイルを維持しているセレブやハリウッドスターが「○○で痩せた」といえば、すぐに飛びつきたくなるのがダイエッターの心理というものだ。

 しかし、こうした食のブームに科学的なエビデンスがあるかというと、その多くが「NO」と言わざるをえない。それどころか、逆に健康に害をもたらす可能性もあるという。

 そう警鐘を鳴らす論文が、先月2月27日に『Journal of the American College of Cardiology』(オンライン版)に掲載された。

 論文を発表したのは、米国心臓病学会(ACC)生活習慣・栄養作業部会のAndrew Freeman氏らの研究グループ。最新の医学的根拠に基づいた「健康的な食事パターン」全般と、現在アメリカで流行している特定の健康食に関するエビデンスをレビューした。

 その結果、次のような結論が得られたという――。

「ジューシング」は「置き換えダイエット」として疑問

 たとえば、ここ数年流行している「ジューシング」は、一定の期間野菜や果物のジュースだけを飲んだり、食事に置き換えたりするプログラムだ。ダイエットや体調不良の改善を目的とする。食材を低温低速で圧搾することから、ビタミンなどの成分が壊れにくいといわれている。

 しかし、Freeman氏らによると、この方法はビタミンやミネラルなど一部の栄養素の吸収率を向上させるものの、丸ごとの野菜や果物に含まれる繊維質や栄養素は除去されてしまう。

 また、ジュースはカロリーが濃縮されているのに、飲んでもさほど満腹感がない。ゆえに「置き換えダイエット」として続けやすいかどうかも疑問だ。

 高用量の「抗酸化物質サプリメント」を飲むことも、健康法のひとつといわれている。しかし今回の論文によれば、「単に抗酸化物質を豊富に含む食品を食べること以上の効果は得られない」。

 それどころか、通常の食事では摂れないほど大量のビタミンをサプリメントで摂取するのは、むしろ身体にとって危険となることさえある。
「グルテンフリーダイエット」は穀類の消化に問題のない人には利点がない

 そして、ここ数年健康食として大ブームの「ココナッツオイル」。これは実は、健康のためには摂りすぎを避けたい「飽和脂肪酸」を多量に含んでいる。そのため料理には、「不飽和脂肪酸」の含まれるオリーブ油やサラダ油を用いるほうがよい。

 さらにいえば、「ダイエットに良い」「コレステロールを下げる」「生活習慣病の予防になる」といった、ココナッツオイルにいわれる効果効能を裏づけるデータは、現時点では存在しない。

 もうひとつ、小麦や大麦などに含まれるタンパク質を除去する食事法「グルテンフリーダイエット」。これは、グルテンを摂取すると身体に問題が起こる「グルテン過敏症」や「セリアック病」の人には有益な方法だ。

 しかし、穀類の消化に問題のない健康な人には、行っても利点がないと指摘している。さらに「グルテンフリー食品」として売られている商品は、精製された加工炭水化物の比率が高いため、健康体の人にとっては全粒穀類を摂るほうがずっと身体に良いという。

「なんとなく良さそう」で実行するのは危険

 では、どんな食事が真の意味で健康的なのか?

 一連のレビューの結論として、Freeman氏は「未加工の食品を中心とした、野菜や穀物などの植物性の食事を摂るのが望ましい」と述べ、さらに「色の鮮やかな野菜や果物は、抗酸化物質の豊富な栄養源である」と付け加えている。

 結局のところ食ブームというのは、特定の体質の人にだけ有益なものや、特定の食材に対する過度な期待値を含んだ情報が、科学的根拠もなく流布されることが多いのだ。

 情報を鵜呑みにして「何となく身体によさそうな気がする」というイメージだけで食事法を実践すると、思わぬリスクが潜んでいる。セレブのおしゃれを盗むのはいいとしても、「食のファッション化」はほどほどにした方がいい。
(文=編集部)