オーロラへ向かって飛ぶロケット

写真拡大

オーロラに向かって昇っていくひとすじの光。NASAがオーロラを調査するために打ち上げたロケットの写真が美しいと話題を呼んでいる。

アラスカのポーカーフラットリサーチレンジで、NASAがロケットを発射。このロケットはオーロラの構造を調査するためのもので、電離層構造を観測する装置が搭載されているという。

その写真がSNSなどに掲載されると、「美しすぎて涙が出てくる」「普通のロケットの打ち上げでも胸に迫るものがあるというのに」「オーロラの観測? いや、もっと隠された特殊任務では」「南国なので、一度でいいからオーロラを見たい」「ドラゴンボールのかめはめ波ってこんな感じなのかな」と様々な感想が寄せられている。