お風呂あがりの柔軟体操。プロが教える「正しい開脚法」

写真拡大 (全3枚)

“開脚”がブームにもなりましたが、みなさんは柔軟運動をしていますか? わたしはカラダがかたいからムリ〜!なんていう方も大丈夫。コツをマスターして練習すれば、かなり柔らかくなれるものですよ。

そこで今回は、ストレッチ教室の現役講師でありフィットネスアドバイザーの筆者が、効果的な“開脚攻略法”をお教えします。

まずはシンプルな開脚をマスター

(1)足を伸ばして座り、両脚を外に開いていきます

(2)上体を立てて両手を前につき、30秒間キープしましょう

<チェックポイント>

・自然呼吸で脱力できているか(息を止めないこと)

・お尻、背中が後ろに流れていないか(難しければ背中を壁に付けて行いましょう)

・膝は浮いていないか(難しければ、ひざに手を置いて伸ばしましょう)

<ポイント&注意点>

無理して脚を広げようとしないこと。最初は自分が自然に開くことができるところでOK。必ず手を床につきましょう。

浮かせていると体に力が入ってしまいます。つま先とひざの向きを合わせ、できるだけ上に向けていきましょう。

開脚がマスターできたら、次は前屈

(1)腿の付け根から曲げるように骨盤を前傾させ、肘を緩めて床に近づけます

(2)上体をだんだんと倒していきながら、肘を曲げて床につけていきます

(3)肘が床についたら上体と共に前に伸ばし、息を吐きましょう

これ以上はキツイ!と感じるところで30秒間キープ。

<チェックポイント>

・最初にへそを床につけること(腿の付け根から屈曲させること)

・背中は丸まっていないか(天井と平行ラインを目指す)

・膝は曲がっていないか(脚は常に真っ直ぐに保ちながら行うこと)

<ポイント&注意点>

無理して前に倒そうとしないこと。へそ→お腹→胸→顔の順で徐々に倒していくようにしましょう。

いかがでしたか? 今回は開脚攻略法についてご紹介しました。実は柔軟運動は体がかたい人ほど効果を実感できるもの。体が温まって柔らかくなっているお風呂上りにトライしてみてくださいね!

 【画像】

※ sianstock / shutterstock

【筆者略歴】

小川りょう

25年のキャリアを持つ健康づくり指導者。外資系ホテルトレーナーを経て独立。エビデンスに基づく情報提供と、現場経験で培った指導スキルで、成人〜後期高齢者に至るまで対応、幅広い世代の顧客を持つ。気取らない人柄と自然体の指導が特徴。コンセプトは健康寿命の延伸であり、足腰運動スクワットの専門家。早稲田大学大学院スポーツ科学研究科修士号。著書に「ココロ・カラダ塾」(幻冬舎ルネッサンス)。