【ライターコラムfrom湘南】「90分間ボールに係わり続けたい」新戦力FW表原玄太が追求する“走りの質”

写真拡大

 いったい、どれぐらい走っただろう。アウェイに臨んだ水戸ホーリーホックとの今季開幕戦、スタメンに名を連ねた表原玄太は、「相手より走ることがこのチームの武器やし、きょうはそれを自分の中で一番大事にプレーしました」と振り返ったとおり、試合終了まで攻守に走り抜き、1−0の勝利に貢献した。

 続くホーム・ザスパクサツ群馬戦、前節のアウェイ・ツエーゲン金沢戦にも先発し、前線からゴールへの推進力を引き上げた。呼応するようにチームも2勝1分とスタートは上々だが、しかしそれでも手放しでその表情が晴れないのは、自身の課題を見つめているからに他ならない。表原は言う。

「自分の中で攻撃の最後の部分はずっと改善されていないところ。そこで得点を決める感覚やイメージをもっと養っていきたい。消えている時間も多いと思います」

 確かに、3戦ともゴールに迫り、シュートを記録してはいるものの、ネットには届いていない。その点、指揮官のまなざしは深い。「そこで決めてスーッといったら、遅かれ早かれ同じようにまた壁にぶつかる」曹貴裁(チョウ・キジェ)監督は言う。

「ボックス近くのドリブルやターンしてシュートまで行くプレーなど、すごくいいものを持っていると思う。そのいいものを引き出すためには、サッカーとはどういうものかを考えて研究し、掘り下げる時間が必要です。あいつはいい意味で苦労しないとダメ。いい選手になってくれるなという実感はある」

 今節は、プロのキャリアをスタートさせ、3年間を過ごした愛媛FCに臨む。古巣との対戦に気負う様子はないが、ピッチに立ったときにやるべきは描いている。

「チームとして安定した内容で勝ち切れたらいちばんいいと思います。自分としては出たら90分間ボールに係わり続けたい。また、例えばもう少しボランチとの作りの部分に入っていったり、係わって前に出て行ったり、自分発信でチャンスをもっと作っていきたいなと思います」

 ニンジニアスタジアムでのリーグ戦のゴールはこれまで1点にとどまっている。慣れ親しんだ場所で今季初ゴールを記すことができるか。たとえ個人の結果は伴わなかったとしても、表原らしい躍動をかの地に刻み、チームの勝利に結び付けたい。

文=隈元大吾