“イ・ボヨン復帰歓迎”コーヒートラックの差し入れ…トップ脚本家2人が愛したスター

写真拡大

イ・ボヨンがスター脚本家の愛を一心に受けた。

SBS新月火ドラマ「耳打ち」(脚本:パク・ギョンス、演出:イ・ミョンウ) 撮影の真っ最中であるイ・ボヨンに送られた、スター脚本家たちの愛情こもったコーヒートラックの差し入れの認証ショットが公開された。

写真の中でイ・ボヨンは「『耳打ち』大ヒット祈願!」と書かれた垂れ幕の下で手ハートを作ったり、ピースサインをしてみせ、「『耳打ち』大ヒットを祈ります!」と書かれた垂れ幕の下では、俳優のキム・ヘスクとツーショットを撮影を行った。

今回のコーヒートラックは、普段から親交のある脚本家キム・ウニと、ドラマ「君の声が聞こえる」でタッグを組んだ脚本家パク・ヘリョンが、イ・ボヨンの復帰を歓迎する意味でプレゼントしたもので、微笑ましい友情が感じられる。

ドラマでイ・ボヨンは、信念と父を守るためにすべてをかけて悪と戦う“シン・ヨンジュ”に扮し、お茶の間に憐憫と共に痛快さをもたらすキャラクターへの変身を予告。これを受け、ドラマ「神様がくれた14日間」放送終了後、約3年ぶりにお茶の間に復帰するイ・ボヨンが見せるより成熟して重みのある演技に関心が集まっている。

敵から恋人になった二人の男女が、世の中の不条理な絶対権力に立ち向かい闘うSBS新月火マ「耳打ち」は、韓国で今月27日夜10時から放送がスタートする。