15日、中国の女優チャン・ツィイーと韓国の俳優ハ・ジョンウが共演予定だったサスペンス映画が韓流禁止令の影響で中止されたことが明らかになった。写真はチャン・ツィイー。

写真拡大

2017年3月15日、中国の女優チャン・ツィイー(章子怡)と韓国の俳優ハ・ジョンウが共演予定だったサスペンス映画が、韓流禁止令の影響で中止されたことが明らかになった。新浪が伝えた。

【その他の写真】

中韓合作映画「蒼崖」は昨年秋、中国メディアを管轄する国家新聞出版広播総局(広電総局)が制作申請に同意したことが明らかになっていた作品だ。韓国の小説が原作で、日中韓を舞台にしたサスペンスストーリー。主演はチャン・ツィイーで、プロデューサーも務める彼女の強い希望で、ハ・ジョンウの起用が明らかになっていた。

しかし、この映画が韓流禁止令の影響で中止に追い込まれたことが分かった。韓流禁止令は韓国が米軍の高高度防衛ミサイル(THAAD)配備を決定したことに対する報復措置と言われる。これによって昨年秋以降、韓国人タレントや韓流ドラマが中国市場からどんどん姿を消している。今回は中韓関係が悪化する中、ハ・ジョンウにビザが下りなかったことが大きな理由だという。

「蒼崖」のキャストについてはハ・ジョンウのほかに、日本からオダギリジョーの名前も浮上していた。なお、チャン・ツィイーとオダギリジョーは05年公開の映画「オペレッタ狸御殿」で共演している。(翻訳・編集/Mathilda)