2歳男児が搬送された病院(出典:http://www.chronicle.co.zw)

写真拡大

今年1月、ジンバブエ第二の都市ブラワヨで「息子のペニスが年の割に大きすぎる」という理由で、母親が2歳の息子のペニスを切断していたことが分かった。現地時間3月14日に国営日刊紙『chronicle.co.zw』が報じた。

母親は息子のペニスを切断後、叫びながら近所の人に助けを求めたという。この母親は以前から近隣住民に息子の局部が2歳児にそぐわない大きさだと言っていたそうだ。

息子は地元の「Mpilo Central Hospital」に搬送されたが切断されたペニスは見つからず、2か月にわたり病院で治療と精神的ケアを受けたという。現在、退院後に幼児が入所できる児童養護施設を探している。母親は息子に対してだけでなく他の患者にも暴力的な態度であったため、現在は精神科専門の「インガットシェニ病院」に収容されている。

出典:http://www.chronicle.co.zw
(TechinsightJapan編集部 FLYNN)