16日、海外網によると、中国中央テレビが世界消費者権利デーに合わせて前日放送した特別番組「315晩会」に対し、中国のネットユーザーから「うそっぱち番組」とバッシングの声が上がっている。資料写真。

写真拡大

2017年3月16日、海外網によると、中国中央テレビ(CCTV)が世界消費者権利デーに合わせて前日放送した特別番組「315晩会」に対し、中国のネットユーザーから「うそっぱち番組」とバッシングの声が上がっている。

この番組は「企業による消費者の権利侵害を暴く」という内容で、過去に名指しされた企業は謝罪などに追い込まれてきた。高高度防衛ミサイル(THAAD)配備問題で中国との関係が冷え込んでいる韓国では、聯合ニュースが「韓国企業の緊張はピークに」と韓国企業がターゲットになる可能性を指摘。しかし、番組内でTHAAD配備用の土地を提供するロッテ、スマートフォンの爆発事故で注目を集めたサムスン、輸入不許可問題が出た化粧品企業が取り上げられることはなく、やり玉に挙がったのは日本の食品などだった。

この内容にネットユーザーからは「うそっぱちの晩会」「番組を見た時の心境を『驚がく』と言ってしまっていいと思う」という声や、「韓国企業が法律やルールを守っているなら暴露を恐れないはず」「韓国企業:拍子抜けした。日本企業:油断した!」などのコメントが出た。(翻訳・編集/野谷)