inMusic Japanは、自宅でも野外でも場所を選ばずにレコードを楽しめるスピーカー内蔵のトランク型レコードプレーヤー「Vinyl Transport」を3月22日に発売します。カラーはレトロ感満載の水色、艶やかな色彩が印象的な赤、どんな場所にも相性が良い黒の3色展開で、実売予想価格は6980円です。

 

1950年代に流行したトランク型のレコードプレーヤーをイメージして作られたVinyl Trasportは、ハンドル付きのコンパクトなボディに、ステレオスピーカーが搭載されており、別途スピーカーを用意しなくても、すぐにレコードを再生できます。また、付属の電源アダプターのほかに単3電池(4本)での駆動も可能で、電源が取れないシチュエーションでもアナログレコードを楽しむことが可能。レコードの終わりに再生が自動停止するオートストップ機能付きです。

 

本体には、33 1/3・45 ・78 RPMの3つの回転速度の切り替えスイッチと、スピーカーのボリューム調整用ノブが配置されており、簡単に操作できます。ステレオスピーカーが搭載されているので、針を落とすとすぐに、温もりのあるアナログレコードのサウンドを楽しめます。また、RCAアナログ出力端子を装備しており、コンポなどのオーディオ機器を使用してリスニングすることも可能です。

 

クラシックスタイルのトランク型レコードプレーヤー「Vinyl Transport」。ハンドル付きのため持ち運びにも便利なうえ、単3電池での駆動も可能なプレーヤーです。手軽にレコードが楽しめる究極のポータビリティを備えたレコードプレーヤーを、ぜひチェックしてみてください。

 

【SPEC】
サイズ/質量:約W349×H114×D254弌震2.8kg
電源:ACアダプター(V DC、1A、センター+)または単3乾電池4本(駆動時間最大6時間)