写真提供:マイナビニュース

写真拡大

Mentor Graphicsは、同社の機能検証プラットフォーム「Questa Advanced Simulator」、「Questa Verification Management」、「Questa Clock-Domain Crossing(CDC)」のそれぞれに対するツール認定レポートがISO 26262に準拠していることを独立系認証機関であるSGS-TUV Saar(GS-TUV)が認定したと発表した。

これにより、これらのQuesta製品は、同社の包括的なISO 26262認定の取り組み「Mentor Safeプログラム」に追加されることとなり、ユーザーはASIL AからASIL Dに至るすべてのクリティカルレベルで、これらを自社のセーフティクリティカルな設計と検証フローに統合できるようになる。

また、SGS-TUVが認定した3つのQuesta製品のツール認定レポートは、ISO 26262で求められるあらゆるツール信頼度(TCL)のアクティビティまたはタスク向けに適していると想定される使用ケースと根拠を提供するものとなり、それぞれQuesta Advanced Simulatorは、複雑な自動車設計の妥当性確認のリスクを削減できる包括的な高度な検証を可能にする高性能かつ高機能のシミュレーションを、Questa Verification Managementは、カバレッジと検証データを解析し、ISO 26262準拠に求められるカバレッジおよびメトリックドリブンのフローに必要な総合的な知見を、Questa CDCは、複雑な自動車SoCに対してクロックドメインクロッシング(CDC)解析を提供することで、シミュレーションベースの検証技術では対処できない同期とメタスタビリティ効果の検証をそれぞれ提供することとなる。

なお、Mentor Safe認定製品には、利用にあたっての説明事項と手引きを記載したフルマニュアルが付属しているという。