【全文その1】ハリルホジッチ監督、日本代表メンバー発表会見。今野を招集した理由は?

写真拡大

3月に行われるワールドカップ予選に向け、25名の日本代表メンバーを発表したヴァヒド・ハリルホジッチ監督。

会見は日本サッカー協会のYoutube公式チャンネルで生中継された。

【関連記事】日本代表メンバー発表、サプライズ招集は今野、倉田、高萩!(17/3/16)

今回は、その代表メンバー発表会見の全文をお届け。あまりの長文になるため、前編と後編の二度に分けてお伝えする。

※できる限り口語のまま掲載。あえてカタカナで表記しているのは、ハリルホジッチ監督が話した日本語

ヴァヒド・ハリルホジッチ(日本代表監督)

「コニチハ。西野さんありがとうございます。

西野技術委員長が言いましたように、我々はワールドカップに向かう最終直線に入りました。

非常に困難な、難しい道のりですけど、それは我々にとってだけムズカシイ直線ではなく、相手チームにとってもムズカシイ試合です。非常に重要なゲームが待ってます。ワールドカップに進む、同じような可能性を秘めているチームが4つあります。

非常に困難な最終予選の立ち上がりでしたが、今いいところにつけています。

まず我々が今やらなければいけないことは、このアウェイゲームで勝利を持ち帰ることです。そこで成功することです。

我々も困難を抱えていますが、他のチームも抱えているはずです。そういう意味で私はポジティブに捉えています。勝利に向けて今準備を進めています。

この2連戦、特に1試合目は簡単ではない、楽ではないゲームになると思います。

そして次のUAE戦は、アブダビではなくアル・アインに会場が変わっています。少し小さめのスタジアムで、独特の雰囲気の中で大きなプレッシャーを感じながらプレーする試合になります。

ここ1ヵ月半、私はこの試合に向けての準備を進めてきています。ヨーロッパにいた時もそうでした。

欧州にいるほぼ全ての選手に会って話をしてきました。ワールドカップに向かうためのゲームというのは3日、4日で準備ができないものですから、そうしてきました。

そしてワールドカップの数年前から準備をしなければいけないということで、選手の個々に要求をしてきています。代表のことを考えてほしいということ、このゲームに向けて準備をすることを。大胆に、決断力を持って挑むことを要求しています。

このように、全ての試合に向かって勝利を目指していかなければいけないということです。

そして、このチームはまだUAEに勝ってません。オーストラリアに対しても同じような状況であったということは聞いています。前回(2014年大会に向けた予選)のオーストラリアのこともギリギリのところでっていうことでしたけども。

どんな形でも勝利を収めるということを考えなければいけません。

選手たちは誰も第1戦を忘れてないと思います。我々にとってのリベンジの機会でもあります。勝利を目指して、そして予選突破を目指していかなければいけません。

ワールドカップの出場権は誰もプレゼントしてくれません。苦しみも受け入れながら戦わなければいけません。もしかしたら暴力的なことや挑発もあったりするかもしれません。フィジカル的な戦いも必ずあるでしょう。

そのようななかでもスポーツマンシップ、ルールに則って戦うことができればと思います。適正なレフェリングを期待してます。

そして我々日本代表としては自分たちの特徴を見せ、決断力を持って勝利を目指して自分たちは向かわないといけません。バスケットボールでは「マネータイム」といわれる時間です。

ワールドカップに出場するということは、スポーツの面だけではなくその選手たちにとっても大きな出来事になると思います。なぜなら、前回のワールドカップで傷を負っているからです。

彼らはそういったこともありますので、特にモチベーションが上がっていると思います。前回のワールドカップの悪い思い出を消すためには、今回のワールドカップにまず出場することです。

そして、日本サッカー界のことを考えても非常に重要な時期に差し掛かっていると思います。代表はその国のサッカーを反映するものです。ですので、それを見せるという意味でも代表には責任があります。

さきほども言いましたが、スタッフとともに長い時間準備を進めてきています。戦略面でもしっかり準備をしてきています。コーチングスタッフだけでなく、メディカルスタッフとも常に一緒に仕事をしてきています。私の頭の中では準備はもうできています。

そしてこれからの2日、3日の間に選手たちにまたそれを伝えていきます。まずは決断力と意欲を持って、1試合目に向かっていかなければいけません。

次のゲームがどういった特徴になるのかということを考えますと、新しい選手が今回入ってきます。この後、私の方からなぜこの選手を選択したのかというのを説明しながら紹介したいと思います。

では、発表いたします。

ゴールキーパー:

西川 周作(浦和レッズ)
川島 永嗣(メス/FRA)
林 彰洋(FC東京)

この試合に向けてキーパーが3人います。西川、川島、林です。

今回、東口を呼べなかったことは私にとって悲しい出来事でした。

彼は素晴らしいコンディションで今季プレーしていました。今回怪我をしてしまいましたが、それまでは次のゲームでスタメンでいけるという状態でした。非常に重要なゲームです。

西川はまだトップコンディションに持っていくのにはこれからだと感じています。林はFC東京に加入してから、いいゲームをプレーしていて良くなってきたと思います。

エイジとは常にコンタクトを取っています。

彼は自分のチームのリザーブチームでプレーしています。そしてトレーニングをしっかり積んでいます。そして、代表でプレーするという意欲を持っています。それを感じましたので今回このグループに入りました。

では、ディフェンス。

サイドバック:

酒井 宏樹(マルセイユ/FRA)
酒井 高徳(ハンブルガーSV/GER)
長友 佑都(インテル/ITA)
槙野 智章(浦和レッズ)

あまり多くの変更点はありません。ヒロキ、ゴートク、ユウト、マキ。

ユウトのところが少し、唯一の心配ですね。あまりゲームに出ていません。私はミラノに行って彼と本田に会おうとしました。

ユウトは素晴らしいプロフェッショナルだと思います。クラブの中で非常に激しい戦い、ポジション争いをしていまして、ゲームに出なかった時は個別でトレーニングをして補おうとしています。そして、代表でプレーするという大きな欲も持っています。その野心もあり、今回リストに入ります。

他の選手たちは試合に出たりしています。槙野の場合はフィジカル面で少し心配な点もありましたが、良くなってきてゲーム内容も向上しています。

センターバック:

吉田 麻也(サウサンプトン/ENG)
森重 真人(FC東京)
昌子 源(鹿島アントラーズ)
植田 直通(鹿島アントラーズ)

これは、経験を積んだ選手と若手の融合ですね。

マヤはたくさんのゲームに出ていますので、レベルが上がってきています。森重もパフォーマンスが上がってきています。

最近昌子のゲームも見ましたが、満足させてもらえる内容でした。

能力、ポテンシャルを秘めた選手ですので合宿に参加する度に成長してくれると期待しております。植田のことです。

守備的ミッドフィールダー:

長谷部 誠(フランクフルト/GER)
山口 蛍(セレッソ大阪)
今野 泰幸(ガンバ大阪)

新しく入った選手もあり、少し変更点もあるポジションです。

まず、今野。なぜ彼がリストに入ったのか。

まずコンディションが良さそうに見えたからです。プラス、経験値が高い選手です。代表でもすでにプレーしている選手であり、次の試合は経験が必要になります。ですので、今野が入っていることは驚きではありません。

最近の試合では、若い選手を何人か呼びました。そこで、もしかしたら精神面、メンタル面でまだ準備ができていないかもしれないということを感じました。フィジカル的な戦いもゲームの中ではありますけど、今野のようなタイプの選手はそこで有用な選手かもしれません。

守備的なMFが3人です。

長谷部のところは皆さんもご存知だと思いますが、守っている時にポストに当たって裂傷という怪我がありましたが、もうすでにトレーニングを始めているという非常に強い我々のキャプテンです。彼なしのチームは現在考えられないですね」

≪続き(その2)はこちら≫