2017年インディカー・シリーズがセントピーターズバーグのストリートコースで開幕した。

 フロリダらしい青い空、時間とともに変わる気温20〜30度という絶好のコンディションのもと、1.8マイルのコースを110周するレースが行なわれ、今年からデイル・コイン・レーシング/ホンダに移籍したセバスチャン・ブルデーが優勝を飾った。しかも、この勝利は最後尾21番グリッドから達成されたもの。最後方からの優勝は史上初めてではないが、インディカーの100年以上の歴史でもわずかに3回目という珍しさだ。


セントピーターズバーグでの開幕戦で予選、決勝ともに5位に入った佐藤琢磨 開幕戦のカギは2回目のフルコース・コーションにあった。25周目に出されたイエローより前に最初のピットストップを行なっていたチームが有利になり、そのイエローで初ピットを行なったチームは後方からの追い上げを余儀なくされた。マシンの仕上がりがよかったブルデーはこのイエローで2番手に浮上し、シモン・パジェノー(チーム・ペンスキー)をパスして優勝した。パジェノーは2位。3位には、2回目のイエローで最初のピットストップを行なった中では最上位となるスコット・ディクソン(チップ・ガナッシ・レーシング・チームズ)が入った。

 今シーズンのフル・エントリーは21台。昨年は22台でホンダとシボレーで11台ずつのイーブンだったが、今年はチップ・ガナッシ・レーシング・チームズが移ったことでホンダが13台に増加。シボレーはKVSHレーシングのシリーズ撤退もあって、AJ・フォイト・レーシングがホンダから移籍してきたものの8台へと減少している。

 昨年のストリートレース5戦は、シボレーが全戦ポールポジション&全勝。ホンダのストリートでの優勝は2015年6月のデトロイト/レース1以来となる。ブルデーが最後尾グリッドから勝ったのには、作戦の巧拙、レース展開の運不運ももちろん大きく影響していたが、それを差し引いてもホンダユーザーの対シボレーでのパフォーマンス向上は明らかだった。

 予選でポールポジションを獲得したのはウィル・パワー(チーム・ペンスキー/シボレー)だったものの、予選のファイナルステージはホンダ4人対シボレー2人とホンダが優勢。レース結果を見ても、ホンダはトップ3に2人、トップ5に4人、トップ10に7人と優位を示した。

 昨年のホンダ陣営は高速オーバルで2勝を挙げただけだったが、今年はストリートでシボレー軍団と互角以上の戦いができると見ていいのかもしれない。次の第2戦もロングビーチというストリートイベント。ここでの両陣営の戦いぶりで、勢力図はより明確になる。

 優勝したデイル・コイン・レーシングはシリーズでも最も規模の小さい部類に入るチーム。実力伯仲のインディカー・シリーズでは。小さなチームでも優勝できることが証明されたが、やはり多くのレースでイニシアチブを握るのはチーム・ペンスキー、チップ・ガナッシ・レーシング・チームズ、アンドレッティ・オートスポートという4台体制を敷く3つの強豪だろう。

 ガナッシはホンダへのマシン・スイッチでも大きな苦労をしていないどころか、いきなりホンダ勢トップの実力を発揮。シリーズトップを争う高い実力を秘めていることを証明した。一方、チーム・ペンスキーは、シボレーが唯一大きな期待をかけられるチームで、かかるプレッシャーは大きい。シボレーにはユーザーが3チームしかいないからだ。オーバルコースでならエド・カーペンター・レーシングも高い実力を発揮するだろうが、残るAJ・フォイト・レーシングともども、上位にコンスタントに食い込むことは難しいだろう。

 注目のアンドレッティ・オートスポートは、ホンダ勢優勢という状況下でも、あまりいいスタートを切ったとはいえない。それでも予選のファイナルステージに佐藤琢磨が入り、決勝ではライアン・ハンター-レイが4位、琢磨が5位と、トップ5に2人を送り込んでプライドを保った。

 その他のホンダ勢では、シュミット・ピーターソン・モータースポーツがジェームズ・ヒンチクリフを予選3位に食い込ませ、レースの序盤をリード。昨年のインディ500でポールポジションを獲得している彼らは、毎年、実力を着々と伸ばしており、今シーズンも躍進が期待されている。
 
 ディフェンディング・チャンピオンのパジェノーは、プラクティスからブレーキのセッティングがうまくいかず、予選は14位と大失敗。しかしレースでは前述の通り、幸運も味方につけてキッチリ2位という好結果を残した。逆に、昨年ランキング2位だったパワーは、ポールポジションを獲得しながら、エンジンのトラブルに見舞われる不運で決勝は19位に沈んだ。

 その他のペンスキー勢を見ると、インディ500は3勝しているがタイトル獲得経験はないベテランのエリオ・カストロネベスは、予選16位から6位フィニッシュと、パジェノー同様、しぶとさを見せた。アメリカ人ファンが大注目している今季加入のジョセフ・ニューガーデンは、予選は4位と頑張ったが、決勝は一度もトップ争いに加わることなく8位でゴールと、目立たなかった。

 チップ・ガナッシ・レーシング・チームズは、タイトル獲得4回のディクソンが予選2位、決勝3位とまずまずのスタート。トニー・カナーンは予選で6位につけながら、レースではミカイル・アレシン(シュミット・ピーターソン・モータースポーツ)にぶつけられてマシンにダメージを負い、12位。ガナッシの若手2人、チャーリー・キンボールとマックス・チルトンはそれなりのパフォーマンスを見せていたが、まだ上位をコンスタントに争う実力を持つには至っていない。

 アンドレッティ・オートスポートは、マルコ・アンドレッティが最初のプラクティスで最速ラップをマークしていたが、予選ではマシンをコンディションに合わせられず15位。それでもレースでは粘り強くゴールまで走り切り7位を手にしている。また昨年のインディ500ウィナーで、元F1ドライバーのアレクサンダー・ロッシは、レース中にタイヤがパンクする不運があって11位フィニッシュ。ただし随所に速さを見せており、2シーズン目は期待をしてよさそうだ。

 最後に佐藤琢磨だが、開幕前にロードコースでテストできたのが1日だけ。アンドレッティ・オートスポートのストリート・セッティングに慣熟していない状況で開幕戦に突入した。さらに金曜日のプラクティス2では、走行開始直後にブレーキをロックさせてクラッシュし、苦しい週末となっていた。

 しかし、チームメイト3人のデータから自らのマシンにセッティングを施し、そこから予選に向けたファイン・チューニングを行なうや、チームでただ1人予選のファイナルに進出。レースでも5番手グリッドから安定してトップグループを走り続け、レース中盤には2周だけだがトップを走っている。燃費セーブも行ないながら優勝争いが可能なペースを保ち続けていたという。

 最後のピットで右フロントタイヤの交換に時間を取られたために3位フィニッシュを逃し、最終ラップにチームメイトのハンター-レイにもパスを許しての5位。悔しい結果ではあるが、マシンを把握し切っていない難しい状況から安定したパフォーマンスでトップ5に食い込んだのは大きな収穫だった。

 琢磨はチーム内での評価を上げることにも成功し、「データの豊富さは本当に大きな武器になるし、レースウィークエンドを戦い抜いたことでチームに溶け込むこともできた」と、好感触をつかんでいる。次戦は、かつて琢磨が優勝したことのあるロングビーチ(決勝は4月9日)。チームに馴染んだ琢磨の活躍に、より一層の期待がかかる。

■モータースポーツ 記事一覧>>