又吉に続け!

写真拡大

 文藝春秋とよしもとクリエイティブ・エージェンシーによる文芸誌「文藝芸人」発売記念会見が3月16日、文藝春秋社であり、藤本敏史(FUJIWARA)、徳井健太(平成ノブシコブシ)、福徳秀介(ジャルジャル)、箕輪はるか(ハリセンボン)、横澤夏子らと両社の代表者が出席した。

 文藝春秋社の西川清史取締役副社長は「新しい時代の新しい文芸誌を作りたい」と本企画の意図を説明し、2016年に編集部を創設。文芸誌「文學界」の元編集長で、村上春樹氏の担当編集者である大川茂樹氏を発行人に起用した。大川氏は「小説家と芸人は言葉を操るのが仕事。言葉だけがその存在を保証している」と共通点を挙げ、「驚くほど多彩でおもしろいものになった」と自信を見せた。

 本誌には152人の芸人が参加。小説、エッセイ、評論、イラストなど、本業とは違う才能を兼ね備えた芸人たちが担当マネージャーと相談、自身の書きたいことを熟慮し、文藝春秋の担当編集者と共に作品を書き上げた。「火花」で第153回芥川龍之介賞を受賞した又吉直樹(ピース)へのインタビューや、松本人志による特別企画も掲載。表紙の絵はネゴシックスが担当した。

 小説「団地花」を執筆した徳井は「悪魔のような家庭だった実体験を基にした。親には見せられない」と自伝的内容であることを明かす。「生粋の恋愛小説好き」だという福徳は「一切自分の恋愛とはダブらせていないが、元カノの名字だけ使った。理想の純愛を書いた」と小説「卒業文集プロポーズ」の内容を説明。藤本は「又吉が来なくてすみません、まだ読んでいないけれど雰囲気からしておもしろい」と場を盛り上げた。

 会見には吉本興業代表取締役専務の田中宏幸氏、よしもとクリエイティブ・エージェンシー専務取締役の内田久喜氏も出席した。

 「文藝芸人」(税込799円)は発売中。