神木隆之介、佐々木蔵之介の島田役へのハマり度に惚れ惚れ!

写真拡大

羽海野チカの大人気コミックを二部作で映画化する『3月のライオン』(前編3月18日公開、後編4月22日公開)。漫画原作の実写化となると、原作ファンから厳しい声が上がるもの。しかし本作において神木隆之介と佐々木蔵之介の参戦が発表されるや、原作ファンも大興奮。夢のキャスティングが叶った形となったが、神木と佐々木は原作ファンの声をどのように受け止めたのか。

【写真を見る】神木隆之介&佐々木蔵之介が『3月のライオン』を語る!

本作は、17歳のプロ棋士・桐山零を主人公に、零と彼をめぐる人々が愛を求めて、それぞれの闘いへと突き進む様を描く物語。神木が演じるのは、孤独を抱えながらも人々との出会いや対局を通して成長していく主人公・零。佐々木は、故郷の山形を大切にし、勝負のプレッシャーからくる胃痛に悩みながら前進する島田開八段に扮している。

豊かなキャラクター勢のなかでもファンから絶大な人気を誇る零&島田だが、見た目や佇まいなどはそれぞれ神木と佐々木のイメージにぴったり。ファンからは実写するなら「マスト」と言われた配役だが、神木は「キャラクター発表の日は正直、怖かったです」と胸の内を明かす。

「実写化のキャラクター発表の時はとても緊張しますし、僕も漫画が好きだからこそファンの方の気持ちもわかるんです。ありがたいことに、雰囲気が合っているという声をいただいて本当にうれしかったです」。さらに神木は、「まだその時、島田さんのキャスティングは発表されていなかったのですが、『島田は絶対に佐々木蔵之介さんがいい』という意見も聞きました」とファンの反応を報告。佐々木は照れ笑いをのぞかせた。

佐々木は「まだ実写化の話が出る前に、『もし実写化をするなら島田は佐々木だ』という話をなんとなく聞いていたんです。それを実際に演じさせていただけるなんて、ありがたいことこの上ない」とファンの声は耳に届いていたそう。実は原作者の羽海野自身、佐々木の頭蓋骨を思い浮かべながら島田を描いていると明言しており、これには「僕の頭蓋骨をモデルにしてくれたということで、うれしいですね。漫画を描く時に『この人で描いてみよう』と思っていただけたわけですから」とニッコリ。

それだけに「できるだけファンの方を裏切らないようにやりたいと思いましたが、羽海野先生がそうおっしゃっていただけているので、安心ですよ。何をやったって大丈夫、違うとは言わせない(笑)」と冗談を交えながら楽しそうに話す。

孤独な世界から踏み出して成長を遂げていく零にとって、島田はどんな存在だろうか?神木は「最初の対局では、零は島田さんをなめてかかっている。あとでそれを打ち砕かれ、零にとって島田さんは指針をくれる人です。ただ完全な師匠ではなく、いずれ敵同士として戦わなければいけない人。その覚悟を教えてくれる存在」と分析。佐々木も「零が戦って苦しんでいる時に、対局の中で『大丈夫だよ』とサポートしてあげるような位置だと思います。島田は、後輩の面倒見がすごくいい。それでいて、年齢の差はあるけれど同じ棋士として、対局し合う者」と彼らの特別な関係性について語る。

そんな島田と佐々木のハマり度について、神木は「僕が言うのもおこがましいですが、島田さんが持っている謙虚さゆえの強さ。強くなければあんなに謙虚になれないという雰囲気は、佐々木さんご本人からもすごく感じました」とコメント。「柔らかい雰囲気と笑顔でみんなからも好かれていますが、確固たる強さ、積み上げてきた強さというものが絶対的にある。絶対に崩れない強さ、大きさというものを零を通して僕も感じていました」。

神木は「とにかくかっこいいと思って見ていました」と佐々木の方をチラリ。佐々木は再び照れ笑いを浮かべつつ、島田の魅力についてこう教えてくれた。「敗者の横顔というのが島田の良さなのかなと思います。負けたものの横顔というのは、美しい。それはやっぱりどう負けるかで、島田のように真正面から向き合って、思いっきり負けるからこそ美しくてかっこいい。そこが零も含めてみんなが心を寄せるところなんじゃないでしょうか」。

また佐々木は、現場での神木について「没入していた。休憩時間もずっと将棋を指していた」と明かす。「前編後編を通して主演をやるというのは、そこまでに自分を持っていかないといけないこと」と真摯な神木の姿に感心しきり。尊敬し、刺激し合う彼らが見せる絆、戦いをぜひスクリーンで堪能してほしい。【取材・文/成田おり枝】