写真提供:マイナビニュース

写真拡大

パナソニックは3月16日、スチームオーブンレンジ「3つ星ビストロ」シリーズのハイグレードモデル「NE-BS1400」を発表した。発売は6月1日。価格はオープンで、推定市場価格は170,000円前後(税別)。カラーはルージュブラック(RK)とホワイト(W)の2色をラインナップする。

NE-BS1400は、食品の温度を瞬時に精度よく測定できる赤外線センサー「高精細・64眼スピードセンサー」を搭載。センサーチップの受光面積が大型化し、2016年発売の従来モデル「NE-BS1300」と比較して1.5倍のサイズとなり、食品の検出温度精度が向上。従来1秒掛かっていたところを、0.5秒で判定できる。

食品の温度上昇を速やかに検知可能になったことで、煮物調理やパスタなどを加熱したときに吹きこぼれそうになっても、自動で火力調節して吹きこぼれを抑える。また、火加減の調整も自動ででき、食材を耐熱ボウルに入れて3つ星ビストロにかけるだけで、カレー、シチュー、パスタなどを調理できるという。

このほか、レンジ、スチーム、ヒーターを最適な組み合わせで利用する「パンのあたため」コースや、調理後の熱い庫内をファンで冷まして連続自動調理への待ち時間を短縮する「庫内を冷ますコース」などを搭載した。

本体サイズはW494×D435×H390mm、庫内サイズがW394×D309×H235mm。重量は約20kg。庫内容量は約30L。オーブンの温度調節範囲は80〜300℃(5分)で、発酵コースは30〜45℃に対応する。

(プラスワン・クリエイティブ)