代表招集のGK西川、UAE戦へ抱負「ホームで負けた借りを返したい」

写真拡大

 日本サッカー協会(JFA)は16日、2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選の2試合に臨む日本代表メンバー25名を発表。浦和レッズからは、GK西川周作とDF槙野智章が選出された。

 代表招集を受け、西川が抱負を語った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 西川は「アジア最終予選を戦う日本代表に選出していただき、大変光栄に思います。まずはUAE代表との厳しいアウェイでの戦いがありますが、ホームで負けた借りを返したい思いが強いです」と、昨年9月1日のアジア最終予選第1節で1−2と敗れたUAE代表との“リベンジマッチ”に向けて闘志を燃やし、以下のように続けた。

「良い流れでホーム埼スタでのタイ代表戦に臨みたいと思いますので、応援よろしくお願いします」

 日本代表はアジア最終予選5試合を終えて3勝1分け1敗、勝ち点「10」で2位となっている。第6節は3月23日、敵地でUAE(アラブ首長国連邦)代表と対戦。そして3月28日には、ホーム・埼玉スタジアムでタイ代表と対戦する。グループBには両国のほか、サウジアラビア、オーストラリア、イラクが同居。グループ上位2カ国に入れば本大会への出場権獲得となる。