「今回はずいぶん、早いラウンドでのいい試合が多いな……」

 大会も序盤から中盤に差しかかる、インディアンウェルズ・マスターズの2〜3回戦――。トーナメントの全体像をなんとなく把握しつつ、錦織圭はそんなことを感じていたという。


錦織圭は同い年のドナルド・ヤングを下して準々決勝へ 3回戦では、テニス界の次代を担う若手の代表格であるニック・キリオス(オーストラリア/21歳)とアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ/19歳)が顔を合わせた。4回戦では早くも、先の全豪オープン決勝のカードであるロジャー・フェデラー(スイス)対ラファエル・ナダル(スペイン)が実現した。

 同時に70位の西岡良仁が14位のトマーシュ・ベルディヒ(チェコ)を破り、世界1位のアンディ・マリー(イギリス)が予選上がりのバセク・ポシュピシル(カナダ)に敗れるなど、大小の波乱もトーナメントに彩りを添える。それら若手や中堅どころの成長を認める錦織は、「誰が上がってきても、そんなに驚きはないです」と言った。

 錦織のこのような発言は、彼が大会ドローの全容を見ておらず、次に誰と対戦するかは直前まで知らないこととも関わっている。

「ドローは見てない。次に誰が来ても、いいテニスをするだけ。対戦相手によって多少は戦い方を変えはするが、基本的には自分がやるべきことに集中している」

 それが、錦織がここ数年、変わらず貫いている姿勢だ。

 錦織が4回戦で当たるのは、ランキングやシード順だけで見れば、ルカ・プイユ(フランス)かサム・クエリー(アメリカ)だと思われた。だが、実際にはドロー表に彼らの名はすでになく、代わりに駆け上がってきたのは、このふたりを破ったドナルド・ヤング(アメリカ)。ヤングは、ジュニア時代に錦織がその背を追った存在だが、18歳のころから両者の成長曲線は交錯し、今では錦織が挑戦を受ける立場にある。シニアになってからは17歳での初対戦以降、4連勝中の同期との一戦を、錦織は「ストローク戦ができるので、いい試合になるのでは」と予想した。

 周囲の目には意外に映る4回戦の対戦相手も、先々のドローを見ることのない錦織にとっては、純粋に目の前に現れた倒すべき存在だ。

 ヤングは、左腕から繰り出す重いショットで打ち合いを支配しにかかるが、錦織はベースラインから下がることなく打ち返し、いきなりボレーを叩き込む。以降も乾いた快音を心地よく響かせながら、伸びるストロークを左右に打ち分けた。最初のゲームを含め2度ブレークした錦織が、第1セットを34分で奪取。「1セット目は、すごくいいボールが打てた。速い展開に持ち込め、理想のプレーができていました」と、本人も自画自賛の内容だ。

 しかし、第2セットに入ると、ウェアを上下とも白に変えたチャレンジャーがプレーの質も変えてくる。スピンをかけて高く弾むフォアを多用し、錦織をコート後方へと押し下げるヤング。一方、ベースライン後方から強打を放つもなかなか決まらない錦織は、より強いボールを打とうとしてはラインを割ったり、フレームショットになる回数が増える。ゲームカウントは1-4に。観客も味方につけるヤングが、試合の潮流に乗った。

 ただ、このヤングの変化を「彼はいつもそうだ」と予見していた錦織は、焦らない。劣勢の理由を冷静に分析し、構えるポジションを数歩押し上げ、相手のショットが高く跳ね上がるより先に打ち返す。速い展開で相手の時間と空間を錦織が削りだすと、試合の流れは反転し、ミスを犯すのはヤングとなった。

 第7ゲームを、錦織のバックの強打に押され落としたとき、苛立ちまぎれにラケットを投げるヤング。この相手の乱れを逃すことなく錦織は、5ゲーム連取で一気に勝利まで走り抜けた。

 インディアンウェルズでのベスト8は、昨年と並ぶ同大会の最高成績。それでも錦織が喜びを感じたのは、「一瞬」のことだという。ここから先に行くために、彼が重要視するのは「集中力を一層高め、無駄なミスを減らす」こと。

「体力はすごく残っているので、集中力も持続すると思う」

 自分を大きく見せようとすることのない錦織が、自然な口調で、そう言った。

 この大会初のベスト4をかけて錦織が対戦するのは、ランキング順で見れば来ると思われたマリン・チリッチ(クロアチア)でもグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)でもなく、18位のジャック・ソック(アメリカ)。ただ、それを意外と見るのは、あくまで周囲の視線である。

「ちょっとやりにくい相手。このコートでは彼のキックサーブもあるし、フォアも弾む。彼との対戦では、やらなくてはならないことは、たくさんある」

 次の対戦に向けて気を引き締め、ドローは見ない錦織にとって目の前に立ちはだかるのは、倒すべき存在でしかない。

■テニス 記事一覧>>