【詳細】他の写真はこちら

今のスマートウォッチの最先端が、ここにあります。

美しく、毎日安心して使えるアナログの機械式腕時計。そしてさまざまな情報を表示できる、便利なスマートウォッチ。スイスの高級腕時計ブランド「タグ・ホイヤー」がその2つの融合に挑戦したのが、新型スマートウォッチ『コネクテッド モジュラー45』です。

スイスで職人の手により製造される『コネクテッド モジュラー45』。その特徴はコネクテッド モジュールを機械式モジュールに取り替えられること。3針の「キャリバー5」や、さらには超複雑機構の「COSC認定クロノグラフ トゥールビヨン」などに変更することができるんです。さらにストラップ、バックル、文字盤もモジュール コンセプトで交換できるなど、たとえ時代が変わってもお気に入りの腕時計として使い続けることができます。

スマートウォッチ機能としてはGPSや決済用のNFCを内蔵し、ディスプレイは有機EL。OSには最新の「Android Wear 2.0」を採用し、独自のアプリコンパニオンも搭載されています。

タグ・ホイヤーの美学はそのまま。豊富なバリエーションで自分だけの一本に







『カレラ』モデルに属する本スマートウォッチ。外観はグレード5チタンやピンクゴールド プレート、ブラックセラミック、ダイヤモンドといったマテリアルの違いでなんと56種類ものバリエーションが登場。またストラップも、ラバーやナチュラルレザー、アントラサイトグレーレザー、チタン、セラミックなど18種類から選ぶことが可能です。さらに30種類の文字盤と組み合わせることで、まさに自分だけのオリジナルスマートウォッチを手に入れることができます。

常に身につけられる50m防水。GPSやNFCをいつでも活用できる





またGPS機能によるスポーツのトラッキング、さらに50メートルの防水性能により、ランニングから水泳までさまざまなスポーツで身に付けたまま楽しめるんです。そしてスポーツのあとは、NFCによる決済でドリンクなどの購入にも利用可能。身につけるだけで生活が豊かになるのが『コネクテッド モジュラー45』なんです。

さらに歩数や燃焼カロリー、為替レート、次の予定までの時間など、好きなアプリを3つまで文字盤に表示可能。文字盤をごちゃごちゃさせない、シンプルな表示デザインは流石老舗の腕時計メーカーといったところでしょうか。

ベーシックモデルは意外にもお求めやすく





『コネクテッド モジュラー45』は正規販売店や公式ウェブサイトから購入可能。価格はカスタマイズによって異なりますが、日本では17万5000円(税別)からとなっています。またコネクテッド ウォッチにトゥールビヨンやブラックのラバーストラップを同梱した『デラックス ボックスセット』も1万7000ドル(約200万円)で登場します。

コンパニオンアプリはAndroid版が最初にリリースされ、iOSサポートも間もなく開始する予定です。スマートウォッチとしても、アナログの機械式腕時計としても最高峰のプロダクトを。タグ・ホイヤーの腕時計づくりに対する情熱を垣間見たような気がしました。

文/塚本直樹

関連サイト



タグ・ホイヤー(『コネクテッド モジュラー45』製品ページ)

関連記事



「時計ブランドが手掛けるスマートウォッチ」今、狙うべき7本はコレだ

時計のプロに訊く。予算5万円でスマートウォッチって選択肢はアリ、ナシ!?

レトロゲーム・スマートウォッチ『Gameband』こそ『Nintendo Switch』の対抗馬!?