【詳細】他の写真はこちら

時刻表示機能も付いてます

最近じわじわとブームがやって来ているアクションカム。そしてこれまた注目を集めている360度カメラ。この2種類のカメラが融合したのがこの腕時計型360度カメラ『Beoncam』なんです。

どこかひみつ道具感の漂う『Beoncam』ですが、その機能はなかなかのもの。中央に搭載されたカメラと少し上にカーブしたガラスレンズのおかげで、周囲360度&上下190度の迫力ある撮影ができるんです。これなら突然衝撃のシーンに出くわしても、シャッターチャンスを逃すことはないでしょう。

撮影スタイルは自由自在





面白いのは、腕に装着して使えるだけでなく、カメラ部分だけを取り外してアクションカメラ的に利用することも可能な点。容易に持ち歩けるうえにさまざまな撮影スタイルに対応と、一度で二度美味しいカメラなんです。

小さなボディなのに本格的なアクションカム





腕時計サイズながら撮像素子には500万画素CMOSを搭載。シングルタッチですぐに起動するので、即座に撮影体制に移れるとのこと。Wi-Fi、Bluetooth機能を備え、スマホとの連携も可能です。また、6m防水の専用ケースも用意されています。

セルフィーにもうってつけ!







その広角なレンズを活かし、自分や恋人、そしてその周りをぐるっと撮影するセルフィーも得意中の得意。スマートフォンのカメラだと背景をうまく入れられないことがよくありますが、こちらのカメラなら迫力のあるセルフィーが撮影できそうですね。

『Beoncam』は現在クラウドファンディングサイトのIndieGOGOにてプロジェクトが進行中。現時点では119ドル(約1万4000円)の支援で1つ入手することができます。製品の出荷予定時期は2017年7月とのこと。

腕時計型とアクションカメラの2wayとして使え、意外と廉価な『Beoncam』。個人的にもチャンスがあれば、ぜひ手に入れてみたいと思います。

文/塚本直樹

関連サイト



IndieGOGO(『Beoncam』プロジェクトページ)

関連記事



「時計ブランドが手掛けるスマートウォッチ」今、狙うべき7本はコレだ

時計のプロに訊く。予算5万円でスマートウォッチって選択肢はアリ、ナシ!?

レトロゲーム・スマートウォッチ『Gameband』こそ『Nintendo Switch』の対抗馬!?