写真提供:マイナビニュース

写真拡大

KDDI総合研究所は16日、スマートフォン(以下、「スマホ」)を自動探索・充電するIoTガジェット「充電ロボ」のプロトタイプを開発したことを発表した。

「充電ロボ」は、カメラと距離測定センサー、およびRaspberry Pi Zeroなどのマイコンボードを搭載した、スマホを自動探索・充電する自律走行ロボット。搭載したカメラから卓上の状況を画像認識し、障がい物や机からの落下を避けながらスマホを探索する。

スマホを見つけると、USBポートを認識して自動でスマホに接続、充電を行います。充電が完了するとスマホから離れ、充電ロボ自身を充電するために、自動で卓上の充電ステーションに戻っていく。画像処理やシステム制御を工夫することにより、安価な部品のみで高度な動作を実現したという。

また、「充電ロボ」は、Googleが主催する「Android Experiments OBJECT」で2016年9月9日に特別賞を受賞しており、3月24日〜26日にかけて二子玉川 蔦谷家電2階(東京都世田谷区)にて行われる展示イベント「Android Experiments OBJECT」に、他の受賞作品とともに出展する。

(杉浦志保)