「師任堂、色の日記」イ・ヨンエ、命を危険にさらしたオ・ユナと絶壁で落下の危機

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
「師任堂(サイムダン)、色の日記」でイ・ヨンエがオ・ユナを助け生かした。

15日に韓国で放送されたSBS水木ドラマ「師任堂、色の日記」(脚本:パク・ウンリョン、演出:ユン・サンホ) 第15話では、フィウム堂(オ・ユナ) が師任堂(イ・ヨンエ) を危機に追い込む姿が放送された。

この日、フィウム堂は師任堂を危機に追いこんだが、イ・ギョム(ソン・スンホン) が登場して師任堂を救った。すると、フィウム堂は師任堂の首に刃物を当てた。

フィウム堂は、過去に自身を山中に取り残して師任堂だけ連れて去ったイ・ギョムを恨み泣き叫んだ。そして師任堂の首に刀を当てたまま絶壁まで引っ張り、2人は落ちる危機に陥った。

イ・ギョムは師任堂の手を握った。師任堂はフィウム堂が自身を威嚇したにもかかわらず、彼女の手を握ってフィウム堂も救った。

師任堂はフィウム堂に「もうこれ以上、あなたに作った借りはないわね」と話し、その場を去った。