【詳細】他の写真はこちら

俳優の山田孝之と、E-girlsのメンバーで女優の石井杏奈が、世界的に活躍する河瀬直美監督による短編映画「パラレルワールド」に出演することがわかった。

今作は、若手映画監督の発掘、育成を目的に、米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭である「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア」と、EXILEや三代目 J Soul Brothers from EXILEらによるEXILE TRIBEがタッグを組んだプロジェクト「シネマファイターズ」の第1弾作品として製作。

同プロジェクトは、EXILEのリーダー、HIROがエグゼクティブプロデューサー、俳優の別所哲也が企画・プロデュースを務め、数々のメジャーアーティストの作詞を手がける作家・小竹正人の詞の世界観を短編映画で描く音楽と映像の新しいプロジェクト。

今作のほかに5作品が製作され、6月1日から開催される『ショートショート フィルムフェスティバル&アジア 2017』でプレミア上映される。

世界三大映画祭のひとつとして知られるカンヌ国際映画祭で、短編部門の審査委員長を務めた経験を持つ河瀬監督が自らメガホンを執った今作は、人の心の光と闇を描いた三代目 J Soul Brothersの「Unfair World」が原作。

山田演じる主人公の徹が、15年前に伝えることのできなかった石井演じる真矢への想いを、現在と過去を交錯させて描いた、儚くも切ない恋愛物語となっている。

同曲のミュージックビデオにも出演した石井は「すごく思い入れのある曲で、あたたかく、守られるような優しい歌詞で何度も何度も救われました」とコメント。また、河瀬監督の作品に初出演を果たし「2日間の撮影期間だったのですが、すごく濃い撮影で、河瀬さんの独特な撮り方に一瞬で河瀬ワールドに引き込まれ、すべてのシーンが印象的でした」と振り返った。

E-girls OFFICIAL WEBSITE

http://e-girls-ldh.jp/