思い切って告白orひとりで泣いてあきらめる……好きな人が異動や転勤になってショックなとき、どっちの行動を選びますか? 恋のチャンスを作る方法は、この究極の選択以外にもあるんです! 

好きな人の異動・転勤……告白? あきらめる?



好きな人の異動や転勤を知ったときって、本当にショックですよね。同じ部署でずっと一緒に働いていられたら、いつかはチャンスが来るかも……と女子力に磨きをかけて今まで頑張っていた人は、一気にアプローチの決断を迫られるのではないでしょうか?

思い切ってイチかバチかで告白してうまくいったら、プライベートでこれからも、今度は二人っきりで会える! 好きな人に会えなくなるなんて考えられないから、ダメもとでチャレンジしたい、と考える人もいると思います。

あるいは、告白して傷ついて最後が悲しい思い出になるのはツラいから、なにもせずに彼を見送ってあきらめるか……自分の感情を隠して、片想いのまま終わらせよう! ということで、送別会の帰り道にひとりで泣いちゃうパターンもありますよね。

好きな人の異動・転勤のときって、この究極の二択で揺れ動くことが多いですよね。でも、この二択の中間な作戦を取ることで、恋のピンチをチャンスに変える方法があります! さっそく紹介していきましょう。

改善ポイント:じっくりアプローチをするチャンスに


異動・転勤前は、カジュアルにさみしいアピール!


ずっと好きだった人が職場からもうすぐいなくなっちゃう! それって絶望的にさみしいことですよね。そのさみしい気持ちを、ごく一部伝えることからアプローチを始めましょう。

校舎裏の告白みたいにかしこまった場面ではなくて、エレベーターや電車移動で一緒のときや、仕事がちょっと一段落して雑談できる雰囲気になったとき、さりげなく話を振りましょう。


“さみしい”といきなり切り出すと、唐突で、重たくなるので要注意。たとえば「出勤いつまでなんですか〜?」と、いまの部署に出勤する最後の日を雑談的に聞いてみましょう。有給の消化とかがあると、月末よりも数日前に最後の出勤日が決まってることも多いですよね。
あるいは、異動・転勤先について質問するていで会話をスタートするのも、自然な雑談っぽくていいと思います。

今の職場で働く残り日数とか、これからは顔を合わせるときがめったになくなる……という話題を話したところで、あんまり深刻になりすぎずに「さみしいです〜」と伝えましょう。

ポイントは、恋心を込めすぎないこと!
この時点ではシンプルに“女の子が自分の異動をさみしがってくれている”と男子に思わせて、勝手に妄想をふくらませてもらうようにします。

その後もときどき、切り口を変えて雑談的に転勤の話をしてみましょう。転勤の話は何度かしてもいいですが、そのうち「さみしい」を言うのは1,2回までにおさえてしつこくならないようにしましょう。

異動・転勤後、彼がさみしい期間にポジションGET


送別会で彼の隣の席をキープして仲を深められたらそれに越したことはないのですが、最後の飲み会でみんなが彼と話したい状況では、ほとんど話せずに終わるパターンが多いと思います。

彼の個人連絡先を万一知らない場合は、かならず送別会以外のときに職場で交換しておきましょう! Facebookだけで終わらずに、LINEでつながってくこと。


さて、新しい職場になじむまでの間って、どんなにできる人でも、最初は緊張したり分からないことだらけだったりしますよね。周りの人と仲良くなろうと頑張ってる一方で、まだ心は開けなくて孤独な時期を過ごしています。

そこで、ちょこちょことLINEでやり取りしながら、癒やしポジションとして距離を縮めていきましょう。理想的なのは、職場がらみのナチュラルな話題からスタートすること。「今日こんな仕事を任されたのですが、前に◯◯さんから××を教えていただいてたおかげでうまくいきました!」など、お礼&報告に見せかけて彼をほめる内容がベストです。

やり取りが続けば、新しい職場のことを聞いてみたり、自分の職場のことを相談してみたりしながら、二人で頻繁にLINEするのが普通、という状態を作っていきます。
オフの日に食事に誘って、デートできる関係を目指しましょう!

遠距離な場合は、気合いがバレすぎないように



彼の転勤で遠距離になってしまった場合、最初は転勤先に「たまたま別の用事があった」ていで出かけて会うのがいいと思います。友だちが住んでるてい、ライブ遠征のていなど、用事はいろんなものが考えられます。

デート遠征ってけっこうエネルギーが要るので、自分の恋心をちょっと冷静に見きわめるチャンスになることも! 二人で会ってる時間が最高に楽しければ付き合えるように頑張れるし、一回デートして満足できちゃえば、次の恋にスッキリ移れるキッカケになります。

好きな人が職場からいなくなっちゃうのはショックだけど、長い片思いからなにかアクションを起こすキッカケにもなってくれます。恋のピンチをチャンスに活かせるよう、じっくり作戦選びしてみましょう!
(由井妙)