毎日寝るたびに肩こりがひどくなる。寝違えたのか、首の位置がおかしかったのか、どうもすっきりしない。こんな自覚があるあなた。日頃の生活習慣の乱れや、寝相の悪さなど、原因はいろいろ考えられますが、実はあなたに合っていない枕が肩こりの原因かもしれません。わたしたち日本人は平均して、1日7時間強を睡眠に費やしています。1日の3分の1程にも及ぶ時間を枕と過ごしているのです。相性の悪い枕を使用することで、非常に長い時間寝姿勢が悪化してしまうことがわかります。では具体的に悪い枕を使用するとどうなってしまうのでしょうか。

相性の悪い枕が肩こりを誘発する

わたしたちの首元や頭の形状はばらばらなので、必然と合う枕、合わない枕が出てきます。合わない枕を使用することで、首筋・肩の筋肉に緊張が生じ、血液のめぐりが悪くなります。血液のめぐりが悪いと周辺組織が張り、コリや痛みが生じ、疲労物質も流れないため疲れが取れない、といった弊害が生まれます。悪い枕はこのように肩こり等の弊害を誘発しますが、自分に合わない枕を使用していなければこれを心配する必要はありません。では悪い枕、相性の悪い枕はどのように見分ければいいのでしょうか。

自分に合った枕の見分け方

枕の特徴は挙げだせば切がないほど様々です。ポリエステルや低反発ウレタン等を使用した柔いもの。パイプやヒノキ等を使用した硬いもの。羽毛やそば殻を使用した吸収性に優れるものなど。これらは好みによるものが大きいので、どれが1番良いかは自分次第です。それよりも自分に合う枕を選ぶ際、特に注目しておきたいのは形です。枕は高さや形もそれぞれですが、首元に隙間ができない、あごが真下に向くような形が自分に合った枕を見つけるポイントになります。ようは頭が立ち姿勢と同じようになればいい感覚です。

枕をオーダーメードしてもらう手も

今では睡眠用品の専門店も多数でてきており、自分に合った枕を選びやすい環境になってきています。ちなみに睡眠用品店のオーダーメード枕なら、頭や首の高さを測定し、最適な使用素材もアドバイスしてくれるので、手軽に自分にあった枕を手にすることができます。枕のオーダーメードの相場が1万円〜数万円といったところ。通常の枕よりはもちろん高価ですが、枕による深刻な肩こりに悩んでいる方にとっては非常におすすめです。どうしても自分に合った枕が見つからないという人は枕をオーダーメードしてもらうのもいいかもしれません。


writer:サプリ編集部