“活動休止”EXID ソルジ、EXIDのカムバックを前にファンへメッセージ「共に活動できず申し訳ない」(全文)

写真拡大

EXIDのソルジが、ファンに申し訳ないという思いを伝えた。

ソルジは本日(15日)、EXIDの公式ファンコミュニティに長文のメッセージを残した。健康上の問題でEXIDの活動に参加することができないことに関連し、心境と現在の健康状態を知らせた。

彼女は「EXIDが4月10日に新しいミニアルバムをリリースします。4人体制でカムバックします」として、「一緒にカムバックをしようとしましたが、メンバー、事務所との話し合いの末、とても残念ですがこのような決定が下されました」と話した。

これに先立ってソルジは、昨年12月に甲状腺機能亢進症(バセドウ病) の診断を受けて、すべての活動を中断している。現在のホルモン数値は正常だが、完全には回復しておらず、治療に集中することにした。

彼女は「私は元気に過ごしています。ホルモン数値は正常数値に近づいて、一ヶ月後に再び検査する予定」としながら、「ところが目にできた炎症に差がなく、放射線治療も並行しました。治療の効果が1ヶ月後に出てくるというので、待っているところです」と伝えた。

引き続きソルジは、「早く回復して皆さんに元気な姿でご挨拶します」として、「カムバックまであまり残っていませんが、たくさん頑張っているEXIDのメンバーを応援してください」と頼んだ。

最後にソルジは「この申し訳ない気持ちをどのように何と表現していいか分かりません。早く全快して、LEGGO(EXIDのファンクラブ) のそばに行きます。とても会いたくて、申し訳なく、愛しています」と話した。

以下はソルジのコメント全文

こんにちは、LEGGO! 皆さん元気に過ごしていますか? 久しぶりにLEGGOにメッセージを残し、申し訳ない気持ちが大きいですね。今日の記事のためにたくさん心配しているようで、このように直接書くことにしました。

まず私は元気に過ごしています。治療を受けながら、再整備の時間と休息を取って、元気に過ごしています。ホルモン数値は正常な値に近づいて、1ヶ月後に再び検査することにしました。

ところが目にできた炎症に差がなく、医者と相談のもとに放射線治療も並行しましたが、治療の効果が1ヶ月後から出てくるといいます。待っているところです。

我らがLEGGOが私のニュースを知る方法がなくて、たくさん苦しかったです。その点について、とても申し訳ないと思っています。そしてたくさん会いたいです。本当にとてもです。

今回のEXIDのアルバム活動は、4月10日のカムバックとミニアルバム、そして4人体制で行うことになりました。回復して一緒にカムバックをしようとしましたが。その期間まで私が及ばずに、メンバー、事務所と話し合い、とても残念ですがこのような決定が下されました。一番最初にLEGGOが知らなければなりませんでしたが、すみません。

カムバックまであまり時間が残っていませんね。とても申し訳なく、そしてとても頑張っているEXIDのメンバー。我らがLEGGOが応援してください! この申し訳ない思いを…どのように何と表現したらいいか分かりません。私も早く回復して、皆さんに元気な姿でご挨拶しますね。

我らがLEGGO、いつも幸せだったら嬉しいです。健康には必ず気をつけること! 早く全快して、LEGGOのもとに行きますね! 約束! 少しだけ待っていてください。とても会いたくて、とても申し訳なく、とても愛しています。