モトローラ、メタルボディーになったミドルレンジのSIMフリースマホ「Moto G5」と「Moto G5 Plus」を日本で3月31日に発売!Moto Zシリーズ用拡張機能「Moto Mods」も新製品を投入

モトローラのSIMフリースマホ「Moto G5」と「Moto G5 Plus」が3月31日に発売!

モトローラ・モビリティ・ジャパンは16日、都内にて「新型スマートフォンと新型Mods記者発表会」を開催し、新たにSIMフリースマートフォン(スマホ)「Moto G5(型番:XT1676)」および「Moto G5 Plus(型番:XT1685)」などを日本で2017年3月31日(金)に発売すると発表しています。

海外でも今年2月26日にスペイン・バルセロナで開催された「Mobile World Congress 2017(MWC 2017)」に合わせて発表されたばかりの新機種で、新たにメタルボディーになって低価格ながら高級感のある外観や1画素のサイズが大きいセンサーを搭載したカメラなどが特長となっています。

価格はオープンながら市場予想価格はMoto G5が22,800円、Moto G5 Plusが35,800円(ともに税別)。発売に先立って本日3月16日より事前予約受付を開始。内蔵メモリー(RAM)と内蔵ストレージは海外ではいくつかのモデルが販売されていますが、日本ではMoto G5が2GB RAM+16GBストレージ、Moto G5 Plusが4GB RAM+32GBストレージとなっています。

また合わせて昨秋に発売した「Moto Z」および「Moto Z Play」で使える周辺機器「Moto Mods」の新製品として車載用「Incipio Vehicle Dock」および「Charging Adapter」、「Wireless Charging」、「Turbo Charger Vehicle」の4つを2017年4月以降に発売するということです。


Moto G5およびMoto G5 Plusは、Lenovo傘下でMotorola Mobilityが展開しているミドルレンジ「Moto G」シリーズの第5世代です。日本でも昨年に第4世代の上位モデル「Moto G4 Plus」が発売されましたが、新たにアルミ素材のメタルボディーとなり、低価格ながら高級感のある外観となりました。

ともにディスプレイの下にはMoto G4と同様に中央に指紋センサーを搭載し、新たにガラスと一体化して見た目も良くなっているのに加え、Moto G4 Plusでは指紋センサーのみだったものが、ホームキーも兼用に。

さらにホームキーはタッチすればホームボタンやロック解除となるだけでなく、左にスワイプすれば戻るボタン、右にスワイプすればアプリ履歴ボタン、長タッチすればロックができるようになっています。前面は両機種とともに端がダイヤモンドカットされたデザインで、ディスプレイを覆うのは強化ガラス「Corning Gorilla Glass 3」を採用。

サイズはMoto G5が約5.0インチフルHD(1080×1920ドット)IPS液晶(約441ppi)を搭載し、サイズは144.3×73×8.7mm、質量は約149g、Moto G5 Plusが約5.2インチフルHD IPS液晶(約424ppi)を搭載し、サイズは約150.2×74.0×7.7〜9.7mm、質量は約155g。



Moto G5

またボディーはMoto G4 Plusと同様に撥水性ナノコーティングが施されており、防滴仕様となっています。本体色は、Moto G5がルナグレーまたはファインゴールドの2色展開、Moto G5 Plusがルナグレーまたはファインゴールドの2色展開。

OSはAndroid 7.0(開発コード名:Nougat)を採用し、ユーザーインターフェースはこれまでと同様に素のAndroidに近いものになっています。なお、次期OSバージョン「Android O」(仮称) へのアップグレードも予定。ただし、アップグレードの時期は未定。

共通の仕様は、広角に対応したF2.2レンズと約500万画素CMOSフロントカメラやmicroSDXCカードスロット(最大128GBまで)、2.4および5.xデュアルバンド対応でIEEE802.11a/b/g/n準拠の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 4.2、位置情報取得(A-GPS・GLONASS)、加速度センサー、ジャイロセンサー、環境光センサー、近接センサー、microUSB端子、3.5mmイヤホンマイク端子、マイク×2、nanoSIMカード(4FF)スロット×2など。

違いとしてはチップセット(SoC)やリアカメラセンサー、電池容量などで、Moto G5は64bit対応のQualcomm製1.4GHzオクタコアCPU「Snapdragon 430(MSM8937)」や像面位相差オートフォーカス(PDAF)に対応したF2.0レンズと約1300万画素CMOSリアカメラ、2800mAhバッテリー(取外可能)、急速充電「TurboPowe」(10W)となっています。



Moto G5 Plus

一方、Moto G5 Plusは64bit対応のQualcomm製2.0GHzオクタコアCPU「Snapdragon 625(MSM8953)」やPDAFに対応したF1.7レンズと1画素当たり1.4μmと大きくデュアルピクセルの約1200万画素CMOSリアカメラ、3000mAhバッテリー(取外不可)、急速充電「TurboPowe」(15W)。その他、ともに背面にはカメラなど用LEDライトも搭載。

また、Moto G5 PlusはNFC Type A/Bを搭載し、背面を含め一体ボディーとなっているため、背面カバーは外せませんが、Moto G5はMoto G4 Plusのように背面カバーが外せて電池パックも取り外しが可能となっています。

さらに携帯電話ネットワークもMoto G5はLTE UE Category 4による下り最大150Mbpsおよび上り最大50Mbpsですが、Moto G5 Plusはキャリアアグリゲーション(CA)に対応したLTE UE Category 6による下り最大300Mbpsおよび上り最大50Mbpsとなっています。

どちらの機種も3Gと4GのデュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)に対応していますが、Moto G5は発売後にソフトウェア更新で対応で今夏以降に予定。デュアルSIMは両機種ともに2つのnanoSIMカードスロットがmicroSDカードスロットとは別にあり、microSDカードを利用しながらDSDSを利用可能。対応周波数帯はそれぞれ以下の通り。

・Moto G5
GSM/GPRS/EDGE (850, 900, 1800, 1900 MHz)
UMTS/HSPA+ (850, 900, 1900, 2100 MHz)
4G LTE (B1, 3, 5, 7, 8, 19, 20, 28, 38, 40)

・Moto G5 Plus
GSM/GPRS/EDGE (850, 900, 1800, 1900 MHz)
UMTS/HSPA+ (850, 900, 1900, 2100 MHz)
4G LTE (B1, 3, 5, 7, 8, 19, 20, 29, 38, 40, 41)

機種Moto G5Moto G5 PlusMoto G4 Plus
画面5型FHD5.2型FHD5.5型FHD
大きさ mm144.3×73×8.7150.2×74.0×9.7152.9×76.5×9.78
重さ g149155157
SoCS430S625S617
CPU1.4GHz×82.0GHz×81.5GHz×8
RAM2GB4GB3GB
ROM16GB32GB32GB
背面カメラ1300万画素(F2.0)1200万画素(F1.7)1600万画素
前面カメラ500万画素(F2.2)500万画素(F2.2)500万画素
電池容量2800mAh3000mAh3000mAh





追記(2017/03/16 16:55:54)
記事初出でMoto G5のバッテリーが取外不可となっていましたが、取外可能でした。また両機種ともにnanoSIMカードスロット×2+microSDカードスロットがあり、microSDカードを装着しつつ、デュアルSIMも利用できるようになっています。修正してお詫びいたします。

記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
Motorola、メタルボディーでカメラを強化した新ミドルレンジスマホ「Moto G5」と「Moto G5 Plus」を発表!両機種とも日本で発売へ - S-MAX
Moto G5シリーズ 関連記事一覧 - S-MAX
プレミアム機能を幅広い層に提供するSIMフリースマートフォン、モトローラ「Moto G5/Moto G5 Plus」の取り扱いを開始
Moto G (第 5 世代) | モトローラ (レノボの子会社)
Moto G Plus (5th Gen.) | Motorola