次期iPhoneとして名高いiPhone8(仮称)のプレミアムモデルは、有機EL(OLED)ディスプレイを搭載予定だとみられており、OLEDの特性を活かした曲面ディスプレイ仕様になると考えられています。しかし、この曲面部分を用いて特別な新機能が追加されるわけではないようです。

Galaxyよりも幾分か緩やかなカーブに

プレミアムモデルに位置付けられる特別仕様のiPhone8については、ディスプレイサイズがこれまでにないサイズになるのではないか、とされていますが、OLEDの曲面ディスプレイを採用するということ以外、はっきりとした共通観測は出ていません。
 
ただし、Nikkei Asian Reviewに関係者筋が明かしたところによると、この曲面ディスプレイはSamsungのGalaxy S7 Edgeよりかは幾分、緩やかなカーブになるそうです。原因の1つとしては、カーブしたグラスのカバー部分をスクリーンに合わせることが難しいためでは、とされています。

ウィジェット表示などは出来なさそう

また、同事情筋の話では、スクリーンの実質的なエリアは5.2インチほどとなり、機能面で何か新たな目玉機能が追加されるわけではないそうです。すでに曲面ディスプレイを採用しているGalaxyシリーズは、カーブの特性を生かしてエッジの部分に、バッテリー残量や時刻、ニュースなどのウィジェット表示が可能です。
 
とはいえ、先日Macお宝鑑定団Blogが報じたところでは、Appleはこの「iPhone Edition」に関して、様々なプロトタイプを作っており、最終的なデザインの決断をまだ下していないということなので、今後も新たな方向性が報じられる可能性があります。
 
 
Source:Nikkei Asian Review
Photo:Twitter (Veniamin Geskin)
(kihachi)