露ブロガー、教会での「ポケモンGO」で服役の可能性(出典:http://www.independent.co.uk)

写真拡大

神聖なる教会の大聖堂でスマホを手に「ポケモンGO」に夢中になる…その行為は「不謹慎ですよ」という注意で済まされることではなかったようだ。ロシアで昨年9月上旬に逮捕されていた若い男に懲役刑が言い渡される可能性があるという。

ロシアのメディア『Meduza』などが伝えているところによれば、問題の動画ブロガーはルスラン・ソコロフスキーという22歳の男。昨年8月、エカテリンブルクにあるロシア正教会「チャーチ・オブ・オールセインツ」の大聖堂内に入り、スマホで「ポケモンGO」をプレイ。そんな自身を別のデバイスで自撮りしてブログに投稿した。

礼拝という厳かな空間を完全に侮辱していたルスラン。彼の態度は挑発的でもあったことから教会の人々を激怒させたもよう。メディアがそのことを記事にして警察が動き、ルスランは冒涜罪で起訴された。自宅軟禁の扱いを取り消された昨年10月からは拘置所に身柄を拘留されていたが、現在は裁判を待つばかりとなっている。もしも有罪判決が下った場合は最高で懲役7年6か月の実刑判決が言い渡される可能性があるようだ。

近年、動画投稿者たちの「やり過ぎ」がどの国でも大きな社会問題になっている。人気、知名度、収入のアップに欲が出るあまり、つい悪ふざけの度を越してしまうようだが、一線を越えれば犯罪行為として刑罰をくらうことを忘れてはなるまい。

出典:http://www.independent.co.uk
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)