【ついに発売】価格は1300万円から! レクサスLC500&LC500h

写真拡大 (全96枚)

フロントミッドシップの新プラットフォームを採用

レクサスの新型車、「LC」が2017年3月16日に発売された。東京モーターショーなどでも展示されたコンセプトカーLF-LCのデザインイメージをモチーフにしたラグジュアリークーペで、流麗なスタイリングが特徴的だ。

ちなみに、チーフエンジニアの佐藤恒治さんによれば、LCは、Luxury Coupeの頭文字であると共に、LexusのChallengeでもあるという。


まずスタイリングでは、新設計のフロントサスペンションがもたらすフロントフードの低さ、そこから伸びやかに繋がるルーフラインが見てとれる。さらにフェンダーとAピラーに連続性をもたせることで、流れるような美しさを表現した。


コクピットは人間ありきの考え方。ヒップポイントとヒールポイントの高低差を小さくし、スポーティなポジションを取れると共に、シートのホールド性、操舵角を認識しやすいステアリングホイールなどにもこだわったという。

また、各種操作系も、スタートスイッチ、ドライブモード切り替えスイッチ、シフトレバーの動線を左手の流れに沿って配置するなど、運転の所作が美しく見えるような工夫もなされている。このあたり、レクサスの「おもてなし」精神が盛り込まれたような感覚を受ける。


メカニズムでいうと、まず新開発のGA-Lプラットフォームが採用された。これはレクサスFRラインアップの基礎となるもの。アルミ材やCFRPを積極的に使用し、軽量かつ高剛性のボディを実現。このプラットフォームはフロントミッドシップレイアウトとなり、さらに低重心化も可能となるため、運動性能を追求することが可能となる。


前後サスペンションは、共にマルチリンク。これももちろん新設計だ。タイヤは20、21インチの大径サイズをセレクトし、パンク時にも一定距離の走行が可能なランフラットを装着する。

10速ATは従来の8速ATを大きく上まわる変速スピードを実現

パワートレインはハイブリッド(LC500h)とガソリンモデル(LC500)の2種を用意。

まずハイブリッドは、299馬力/356N・mを発揮する3.5リッターV型6気筒エンジンに、180馬力/300N・mのモーターを組み合わせたユニット。バッテリーはリチウムイオンを採用し、システム最高出力は359馬力に達する。

注目は従来のトヨタ、レクサスのハイブリッドにはなかった、有段ギヤを組み合わせたシステムとしたこと。じつに10段の変速を行う「マルチステージハイブリッドトランスミッション」を組み合わせ、燃費とスポーティな走りを両立している。これにより0-100km/h加速は5秒を切る俊足ぶりを実現した。


ガソリンエンジンモデルは5リッターV型8気筒エンジンに10速ATの組み合わせ。従来RC Fなど、レクサスモデルに8速ATに比べて変速スピードも上がっており、Dレンジで約0.2秒、Mレンジで約0.1秒でギヤチェンジが完了するという。

一例としては、アクセル開度100%の2から3速へのシフトアップ(Dレンジ)で、従来の8速ATが0.49秒かかっていたのに対し、10速ATは0.22秒へと短縮したという。エンジンは477馬力/540N・mというハイスペックだ。


そして現在のクルマで大切な要件が安全装備の充実度である。もちろんLCは抜かりがない。

歩行者検知機能も付いた自動ブレーキの「プリクラッシュセーフティシステム」。車線を逸脱しないようにアシストする「レーンキーピングアシスト(LKA)」。ハイビームとロービームを自動で切り替える「オートマチックハイビーム(AHB)」。全車速追従機能付の「レーダークルーズコントロール」。この4つのシステムをパッケージ化したLexus Safety System +を装備する。

もちろんこれ以外に、ブラインドスポットモニターやリヤクロストラフィックアラートなど、安全デバイスに不足はない。


さて、レクサスの新フラッグシップクーペ。すでにWEB CARTOPでもお届けした海外試乗では、参加者からの高い評価が聞こえてきている。果たして日本でどんな走りを示すのか? 続報を期待してほしい。

【画像ギャラリー】