ハン・ジミン、新ドラマ「怪しいパートナー」出演オファーを受け“検討中”

写真拡大

女優ハン・ジミンがSBS新水木ドラマ「怪しいパートナー」への出演オファーを受けた。

ハン・ジミンの所属事務所BHエンターテインメントの関係者は16日、OSENの取材で「『怪しいパートナー』への出演オファーを受けたのは事実だが、確定ではない。まだ、映画『ミス・バック』の撮影中であるため、次回作を決めるには無理がある」と伝えた。

また「現在、複数の作品のオファーを受けているため、撮影スケジュールが終わったら、慎重に検討するつもりだ」と付け加えた。

「怪しいパートナー」は、検察と法廷を舞台に繰り広げられるラブコメディで、ハン・ジミンはテコンドー少女から司法研修生になった人物ウン・ボンヒ役のオファーを受けた。男性主人公のノ・ジウク役はチ・チャンウクが議論中だ。

「君を憶えてる」のクォン・ギヨン脚本家が手がける「怪しいパートナー」は、5月「師任堂(サイムダン)、色の日記」の後番組として韓国で放送される。