T-ARA、5月で所属事務所との契約満了…「完全体として最後のアルバムを発表する」

写真拡大

T-ARAが5月にカムバックする。

16日、T-ARAの所属事務所MBKエンターテインメントは、「T-ARAが5月17日、完全体で最後となるアルバムを発表する」と明かした。

今年5月で契約期間が満了することとなり、今回のカムバックが完全体としては最後のアルバムになるという。

2009年にデビューしたT-ARAは、長寿ガールズグループとして「Bo Peep Bo Peep」「Roly-Poly」「Lovey-Dovey」など多数の曲を相次いでヒットさせ、韓国と海外でトップクラスのガールズグループに位置づけられた。

T-ARAは完全体で最後のアルバムを発売し、韓国と海外で残りのスケジュールおよび公演を行う予定だ。

完全体活動及び公演のスケジュールは6月末で終わるが、その後のスケジュールに関しては所属事務所とメンバー間の協議を通して行う計画だ。