(c)ナチュラルレイン/「クリオネの灯り」製作委員会

写真拡大

 ナチュラルレイン原作のオンライン小説『クリオネの灯り』が2017年夏にテレビアニメ化されることが決定した。7月からTOKYO MX他での放送が予定されており、キャストやスタッフ、放送情報などは後日発表される。

【すべての画像や動画はこちら】

 なお、アニメ化発表にあわせオープニング・エンディング主題歌歌手が発表された。元SKEのメンバーで2014年にソロシンガーとしてデビューしたアニソン歌手akiが担当する。主題歌のタイトルは作品タイトルと同じく『クリオネの灯り』。本楽曲はaki自身が作詞したといい「原作をしっかり読み込んで詩をつづりました」と発表にコメントを寄せている。

 『クリオネの灯り』は、Yahoo! JAPAN『ネットの名作!泣けるサイト特集(2007年)』に選出され、アップストア有料アプリランキング(カテゴリ別(本)で9位入りした作品。ストーリーは現代社会の深刻な問題になってしまった「いじめ」をテーマにした内容で、2012年にはイースト・プレスから書籍化もされている。

【クリオネの灯り あらすじ】
ずっとイジメられっ子のレッテルを貼られていた実(ミノリ)。そんな彼女の笑顔を見たい と願う方(タカシ)と杏子(キョウコ)は、ある雨の日の午後、思い切って声をかける。 けれど結局、笑顔は見られないまま、彼女は体調を崩し学校に来なくなってしまう。 それから二ヶ月・・・方と杏子の元へ一通の不思議な携帯メールが届いた。送り主の名前もなく返信すら出来ないそのメールは、隣町の夏祭りを知らせるものだった―― 。

(c)ナチュラルレイン/「クリオネの灯り」製作委員会