バルセロナ、イニエスタに終身雇用のオファーか

写真拡大

▽バルセロナは、スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(32)の終身雇用に動いているようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。

▽イニエスタは12歳からバルセロナの下部組織で育ったカンテラ出身のスタープレーヤー。今年2月にリーガエスパニョーラ400試合出場を達成した他、これまで8度のリーガエスパニョーラ、4度のチャンピンズリーグ、4度のコパ・デル・レイ、3度のFIFAクラブ・ワールドカップ優勝など、バルセロナで数々のタイトル獲得に貢献してきた。

▽伝えられるところによれば、下部組織時代を含めて在籍20年のイニエスタと、バルセロナの現行契約は2018年6月まで。そうした状況の中、バルセロナは35、36歳で現役引退の意向を示すイニエスタに対して、2年+1年延長オプションの新契約を打診しているという。

▽また、バルセロナは功労者のイニエスタに引退後のセカンドキャリアとして、クラブ下部組織のコーチ職も用意しているようだ。