『いつだってやめられるーマスタークラス』

写真拡大

 「イタリア映画祭2017」が、4月29日から5月6日にかけて、有楽町朝日ホールにて開催されることが決定した。

参考:エドワード・ヤン幻の傑作、『クーリンチェ少年殺人事件』 は“映画”そのものである

 「イタリア映画祭」は、“日本におけるイタリア年”をきっかけに、2001年春に始まったイタリア映画の祭典。17回目の開催となる今回は、日本未公開の最新イタリア映画15本と、過去に上映されたアンコール作品5本の計20作品の上映が行われる。

 日本初上映となる新作には、『ローマに消えた男』のロベルト・アンドー監督が『グレート・ビューティー/追憶のローマ』のトニ・セルヴィッロを主演に迎えたミステリードラマ『告解』、第69回カンヌ国際映画祭監督週間のオープニングを飾ったマルコ・ベロッキオ監督最新作『スイート・ドリームス(仮題)』、『人間の値打ち』のパオロ・ヴィルズィ監督が再びヴァレリア・ブルーニ・テデスキとタッグを組んだ『歓びのトスカーナ』などの作品がラインナップ。

 また、過去の映画祭上映で人気の高かった作品を集めた“アンコール作品”として、マルコ・ベロッキオ監督とパオロ・ヴィルズィ監督の過去作、新作として上映される『いつだってやめられるーマスタークラス』の前作『いつだってやめられる』の上映が決まった。

 来日ゲストによる開会式や舞台挨拶、トークセッションも行われる予定だ。なお、東京のほか大阪での開催も決定している。

【「イタリア映画祭2017」上映作品】

■日本未公開最新作
『告解』(監督:ロベルト・アンドー)
『花咲く恋』(監督:クラウディオ・ジョヴァンネージ)
『幸せな時はもうすぐやって来る』(監督:アレッサンドロ・コモディン)
『かけがえのない数日』(監督:ジュゼッペ・ピッチョーニ)
『切り離せないふたり』(監督:エドアルド・デ・アンジェリス)
『ピューマ』(監督:ロアン・ジョンソン)
『ジュリアの世界』(監督:マルコ・ダニエリ)
『愛のために戦地へ』(監督:ピエルフランチェスコ・ディリベルト)
『どうってことないさ』(監督:エドアルド・レオ)
『いつだってやめられるーマスタークラス』(監督:シドニー・シビリア)
『君が望むものはすべて』(監督:フランチェスコ・ブルーニ)

■特別上映作品
『スイート・ドリームス(仮題)』(監督:マルコ・ベロッキオ)
『歓びのトスカーナ』(監督:パオロ・ヴィルズィ)
『La vita possibile(原題)』(監督:イヴァーノ・デ・マッテオ)
『道化師』(監督:マルコ・ベロッキオ)

■アンコール上映作品
『夜よ、こんにちは』(監督:マルコ・ベロッキオ)
『結婚演出家』(監督:マルコ・ベロッキオ)
『カテリーナ、都会へ行く』(監督:パオロ・ヴィルズィ)
『来る日も来る日も』(監督:パオロ・ヴィルズィ)
『いつだってやめられる』(監督:シドニー・シビリア)

(リアルサウンド編集部)