子どもにスマートフォンを与えるにあたって、「何をしてよくて何をしてはいけないのか」という基準は家庭によって異なります。そこでGoogleは、13歳以下の子どものAndroid端末にダウンロードするアプリの許可、各アプリの滞在時間のチェック、スマートフォンを使用できる時間帯などを個別に設定することで、子どものスマートフォンを管理できるAndroidアプリ「Family Link」をリリースしました。

Google Family Link - Home

https://families.google.com/familylink/

Introducing the Family Link app: Helping families navigate technology together

https://www.blog.google/topics/families/introducing-family-link-app-helping-families-navigate-technology-together/

Family Linkを使用するには親のAndroidスマートフォン(KitKat 4.4以降)と、子ども用の新しいAndroidスマートフォン(Nougat 7.0以降)が必要です。まず親のスマートフォンにFamily Linkをダウンロードすると、子どものGoogleアカウントの作成する画面に移ります。作成したGoogleアカウントで子どもの新しいスマートフォンにログインすれば、親のFamily Linkで子どものスマートフォンのアクティビティを管理できるようになるというものです。

・アプリのダウンロード許可

Family Linkでは、子どものスマートフォンでGoogle Playからアプリをダウンロードしようとすると、親のスマートフォンにアプリの情報が届きます。親は子どもがダウンロードしたいアプリを見て、許可するか、却下するかを選択することができます。



・各アプリの使用時間を表示

週ごと、月ごとに、子どもが使っている各アプリの使用時間レポートが送られます。子どもがスマートフォンを使いすぎている場合は、日中にスマートフォンを使う時間制限を設定することも可能です。「○時間使うとスマートフォンがロックされる」のような機能と思われます。



・ベッドタイムの設定

勉強の時間や就寝時間、家族の団らんの時間などに合わせて「ベッドタイム」の時間を設定すると、設定した時間内はスマートフォンがリモートでロックされ、使えないようになります。以下のスクリーンショットでは「日曜〜木曜の21時から朝7時まで」がベッドタイムとして設定されています。



Family Linkを使う子どもの端末はAndroid 7.0 Nougat以上のOSが必要ですが、一部の端末ではMarshmallow 6.1でも動作します。13歳以上のGoogleアカウントをFamily Linkに紐付けることはできませんが、Family Linkに紐付けた13歳以下のアカウントが13歳になると、子どものスマートフォンで今後も親による管理を続けるかどうかを選択できるとのこと。

なお、Family Linkは、アメリカ国内で13歳以下の子どもを持つ人が「Family Link早期アクセスプログラム」に申請することで利用可能です。アメリカユーザーのフィードバックを基に改善が加えられた後、アメリカ国外でもFamily Linkを提供予定とのことです。