映画『ドラゴン・タトゥーの女』の続編公開、デヴィッド・フィンチャー監督総指揮

写真拡大

映画『ドラゴン・タトゥーの女』の続編、『THE GIRL IN THE SPIDER’S WEB』の製作が決定。2018年10月5日(金)に全米で公開される。

『THE GIRL IN THE SPIDER’S WEB』は、世界的ベストセラーミステリー小説を映画化した『ドラゴン・タトゥーの女』から始まる「ミレニアム」シリーズの第4弾。原作はダビド・ラーゲルクランツが執筆した「蜘蛛の巣を払う女」だ。

監督は『ドント・ブリーズ』などで、心理的な緊迫感を演出したフェデ・アルバレス。脚色はスティーブン・ナイト、ジェイ・バスと共同で行い、製作総指揮は『ドラゴン・タトゥーの女』のほか『ゴーン・ガール』を手がけた鬼才、デヴィッド・フィンチャーが務める。「ミレニアム」シリーズのヒロイン、リスベット・サランデルは強烈な反骨精神を持ったキャラクターだが、アルバレスの手によってどのように映像に収められるのか、期待が高まる。

【詳細】
映画『THE GIRL IN THE SPIDER’S WEB』
公開日:2018年10月5日(金)全米公開
原作:ダビド・ラーゲルクランツ著『蜘蛛の巣を払う女』早川書房刊
監督:フェデ・アルバレス


[写真付きで読む]映画『ドラゴン・タトゥーの女』の続編公開、デヴィッド・フィンチャー監督総指揮

外部サイト

  • 「イタリア映画祭2017」東京・大阪で開催 - 日本未公開作品を15本、過去人気作のアンコール上映も
  • 映画『メッセージ』未知なる飛行物体との交信を描く、SF感動ドラマ
  • USJのハリーポッターの世界に過去最大スケールのナイトショーが出現、初のプロジェクションマッピング