3月16日はジャマイカ音楽の発展に多大な貢献を果たしたレジェンド・シンガー、ジャスティン・ハインズの命日である。

 1942年5月7日、ジャマイカ北部のセント・アン教区ステアタウン生まれのハインズは、1963年に「キャリー・ゴー・ブリング・カム」でデビューし、一躍ジャマイカ国内で大ブレイク。以降、スカ〜ロックステディが全盛を迎える60年代ジャマイカにおいて多数のヒット曲を連発し、トップ・シンガーとして成功を収めた。「キャリー・ゴー〜」はスカのスタンダード曲として国外のアーティストにもカバーされ、ジャスティン・ハインズ&ザ・ドミノズとしてリリースした『ジェゼベル』(1976年)などの作品は今もルーツ・ロック・レゲエ名盤として世界中のファンに愛聴されている。

 また、早くからキース・リチャーズが彼の才能に惚れ込み、ハインズをふくむジャマイカの地元ミュージシャンたちと積極的にセッションをおこなっていたのも有名な話。彼らは70年代から親交を持ち、90年代にはウィングレス・エンジェルスを結成。キースのプライベート・レーベルからインディー・デビューも果たしている。ハインズは2005年3月16日に肺がんのため62歳でこの世を去ったが、晩年には海外ツアーもおこない、日本にもジャマイカンオールスターズとして来日を果たしている。

◎Wingless Angels - A Short Film trailer
https://goo.gl/bRZYRG